【RAY-BAN】レイバンのウェイファーラーに度付きカラーレンズを付けてみた【by jins】

レビュー

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

レッドウィングのアイリッシュセッターのオールソールから、私の中でアメカジ熱が再燃しています。

今回は普段のメガネを新調しました。フレームは憧れのレイバンに。

そのフレームに、度付きレンズを付けてみたのでそれのレポーツです。

スポンサーリンク

これです。

モデル名は、レイバンのウェイファーラー型番でいうと 5121F 2000 50-22 です。

Original Wayfarer Classicsは、Ray-Banのヒストリーの中で最もメジャーなスタイル。1952年の誕生以来、セレブリティやミュージシャン、アーティストやファッショニスタによって愛され続け、Ray-Banのアイコン的存在となっているフレーム。(レイバン公式より)

度付きカラーレンズをjinsで注文しました。

メガネ屋さんで有名なjinsでは、自社のフレーム以外のフレームにもレンズを作成することができます。

しかし、下記に該当する商品の場合は、レンズ交換を受けるできませんので参照ください。

【素材】
・金、プラチナ(白金)、べっ甲、木製、竹製、角製(水牛、羊等)の素材のフレーム
※その他の素材でもお受けできない場合があり、店頭で確認の上で対応致します。

【形状】
・ツーポイントフレーム、カーブが強い、レンズサイズが大きいフレーム

【状態】
・商品に傷、ヒビや歪み等のあるフレーム

【レンズ】
・ガラスレンズ、ハイカーブレンズ、プリズムレンズ

 

今回は度付きのカラーレンズを発注しました。カラーはこちらから選択しました。

jinsに行って、「このフレームに度付きカラーレンズを入れたいのですが」って言えばOKです。店員さんが可能かどうか調べます。そしてカラーをオーダーすればいいだけです。

この度数でお願いするために、私は前に作っていたjinsのメガネがあったので、それを持っていきました。

オーダーしたカラーはトゥルーグレーの濃度25%です。カラーが入っているか微妙な色をチョイスしました。

出来上がるまで、1週間の時間を要します。

お値段は、度付きの透明レンズの場合は5000円で、追加でカラー等を入れたい場合はそのカラーにもよりますが、3000円~の追加料金が発生します。

私のオーダーしたカラーは3000円でしたので、合計8800円(税込)でした。

jinsから出来上がりの連絡が来ました。

予定よりも早くで上がりました。

写真だと分かりにくいですが、濃度25%でも割と濃いような気がします。大変満足のいく結果となりました。

感想

今回、jins以外のフレームを持ち込んで度入りかラーレンズを入れてもらったわけですが、とても満足の行く結果となりました。

他社フレームでのレンズ作成を8800円でやってくれるので、jinsはとても融通の利く会社だなぁと思います。

【jins】フロントスイッチを踏んづけてしまいました><【front switch】
こんにちわ、もちゃんです。 今年の7月に買ったメガネ兼サングラスのjinsのフロントスイッチを購入して3ヶ月がたとうとしています。先日そのメガネを踏んづけてしまい、柄の部分が壊れてしまいました。また新しく購入しなくちゃいけないのかと呆然としていました。ですが、jinsには素敵なサービスが有ったので今回紹介していきたいなあと思います。

↑の記事にも書いてあるのですが、保証も6か月間付いています。今回はフレーム持ち込みなのでレンズのみの保証です。レンズの色が気に入らなかったりするときは2回まで交換の依頼をすることができます。

その時に必要なのは保証書なので、大事に持っておきましょう。

jinsのフレームもかっこいいのが多数ありますので、メガネ作りたい方は是非jinsをご利用してみてはいかがでしょうか。

今回のフレームのレイバンのウェイファーラーは、アメカジの定番のメガネです。私のはアジアンフィットモデルですが、他に欧米人向けのもあるので購入時は注意が必要です。

あとレイバンは人気があるので、偽物も多く出回っています。異常に安く販売している通販なんかは避けた方が良いです。なるべく公式の所で購入しましょう。正規品には保証書が付いてきます。

 


 

コメント