【RZ-S30W-G】完全ワイヤレスイヤホンを買ってみました【パナソニック】

レビュー

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

我が家にある家電は、結構パナソニックの製品で溢れかえっています。

洗濯機、ノートPC×2台、掃除機など、品質もいいのでもう長年使っています。

そんなパナソニックが、初めて完全ワイヤレスイヤホン界に本格参入するということで、私気になっていました。

【レビュー】Dudios Zeus Ace【格安Bluetoothイヤホン】
今まで使っていたのは、ELSONICのEZT-IEP05BTS-WHというモデルです。特に不満はなかったのですが、購入してから1年半ぐらい経ったので新しいのが欲しくなったのです。最近発売された2代目のairpods購入も考えたのですが、貧乏な私にはちょっと高価格。前に使っていたイヤホンと同価格帯のものをAmazonで探していました。そんなこんなで私が購入したモデルは、、、

丁度1年前に購入した、2000円(現在価格)のワイヤレスイヤホンにも飽きてきたので、新しいのが欲しかったところだったのです。

で、私が購入したパナソニックのワイヤレスイヤホンは、、、

スポンサーリンク

コレです。

パナソニックのRZ-S30W-Gです。

 


 

他にも候補はあったのですが、最新の国内メーカーのワイヤレスイヤホンを試してみたかったので、コレにしました。お値段は14520円(税込)でした。

RZ-S30Wとは。

RZ-S30Wの上位グレードとして、RZ-S50Wもラインナップされています。RZ-S30Wとの違いは、ざっくり言うとノイズキャンセリング機能が付いていることと、その分ちょっと大型にできているところです。


 

どうしてRZ-S30Wを選んだのか。

最新の国内メーカーのBluetoothイヤホンが欲しかったのが第一ですが、
・予算が1万5000円
・できるだけ小型で再生時間が長い
・イヤホン側で音量の調節ができる
以上の条件で探していったら、パナソニックのこれに絞られました。

カラーのグリーンは、かわいいのでこの色にしました。他にはブラックとホワイトがあります。

箱の中身

・本体(最長7.5時間)

・ケース(バッテリー22.5時間分)合計約30時間(AAC)

・イヤーピース(XS、S,Lサイズ各2個。Mサイズは本体に装着)

・USB電源ケーブル(USB-A~Type-C形状)

仕様

・Bluetoothバージョン:ver5.0
・対応コーデック:SBC/AAC
・対応コンテンツ保護:SCMS-T方式

ケースの重さは41g。イヤホン自体が小さいので、ケースも若干小さいです。

イヤホンは片耳4g。前に使用していたのは4.7gだったので、ちょっと軽くなっています。

タッチセンサーの操作一覧

音量の増減もイヤホンでできますし、理想的なイヤホン操作となっております。

Pnasonic Audio Connectアプリ

アプリを使って、簡単セットアップ&パーソナライズすることができます。

具体的に何ができるかというと、

・バッテリー残量の確認
・外音の取り込み機能のON/OFF
・サウンドモード(バスエンハンサー・クリアボイス・イコライザ調整)
・ヘッドホンを探す機能

サウンドモードでは、自分好みのサウンドにすることができます。

感想

今まで使用していた2000円のBluetoothイヤホンとの比較になってしまいますが、やはり国内メーカーのチューニング塩梅は安心に音楽を聴くことができるなぁと言った印象です。

そのぐらい、音の表現がすっきりしています。格安Bluetoothイヤホンの場合は、博打の部分があるのでがっかりする場合があるのですが、この価格帯だとその心配はありません。

やはり良い材料を使用していることが良い音に繋がってるのでしょうか。分かりませんがいい音を奏でてくれます。

中学生の時、パナソニックのCDプレーヤーで音楽を聴きまくっていた当時を、奏でるサウンドでなぜか思い出してしまいました。

あとこの製品は、タッチセンサーで最初はちょっと触れただけでも認識するのでその感覚に慣れるまで戸惑いますが、慣れてくるとタッチセンサーの方が物理キーよりも簡単に感じてきます。

私は、主に運動しているときに装着しているので、音楽に集中するよりかは周りの状況も把握しながら聴く感じなので、外音の取り込み機能のON/OFFは重宝します。ただ風の強い日なんかはゴーゴーいってしまうのでOFFにして使っています。

まとめ

まともなお値段のBluetoothイヤホンを初めて購入したので、比較対象が2000円のイヤホンになってしまうのですが、このイヤホンは、すっきりとした音楽を奏でてくれます。

パナソニックの完全ワイヤレスイヤホンでは、一番お安いグレードのイヤホンですが出来はかなり良いのではないかと思います。音質もデフォルトでも良いですし、ちょっと低音を効かせたい場合はアプリで操作(バスエンハンサーかイコライザー調整)すればいいので不満はありません。

外音導入もこのグレードでも付いているので、お得かと思います。

中華の格安Bluetoothイヤホンで博打を打ちたくないって方、初めてBluetoothイヤホンを導入する方はこの商品お勧めです。

このモデルしか体験していないので、結論づけるのはアレなんですが、やはり国内メーカー商品は安心確実だなぁと改めて思いました。

2020年6月17日 ファームウェアアップデート

6月17日にファーウェアのアップデートが来ました。更新内容は、

・タッチセンサー操作時の長押し時間の短縮
・登録済み機器へのBluetooth接続時間の短縮等

です。

ファームウェアの更新方法は、私の場合iosなので、

1.Panasonic Audio Connect のアプリを立ち上げる
2.右上のレンチ(設定)をクリック
3.ヘッドホン製品情報をクリック
4.ファームウェアバージョンの所に更新ボタンがあるはずです。そこをクリックします。

インターネットに接続した状態でないとファームウェアアップデートはできません。

ファームウェアアップデート中は、イヤホンはケースに出した状態で、DAP(私の場合はipodtouch)の近くに置いておきます。

写真のこんな感じで放置していました。

ファームウェアアップデートには結構時間がかかりました。体感で40分ぐらいかかりました。なので余裕のある時間に実行することをお勧めします。

コメント