【雨具レビュー】2年使ったモンベルストームクルーザージャケットの感想

レビュー モンベル製品

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

6月に入りました。

6月といえば梅雨の季節。梅雨といえば雨具。雨具といえばストームクルーザー。

ということで、2年使用してきたモンベルストームクルーザーの感想なんかを、今回は書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

コレです。

モンベルの雨具と言ったらコレでおなじみの、モンベルストームクルーザー。お値段は22880円(税込)。ブログの記録によると、2019年の2月に記事にしておりますので、2年ちょい使ってきたことになります。

【montbell】ストームクルーザージャケットを購入しました【雨具】
今回は、5年ぐらい使っていた雨具を買い替えたので、それの紹介なんかをしていきたいと思います。雨具としては結構高価なので5年も持ちました。使う気になればまだまだ使えるのですが、まぁお役御免ということで。サムネとタイトルで何を買ったかはバレバレなんですが、わたしが購入した新しい雨具は、、、、

私のストームクルーザーの使用用途としては、普段着としてのウィンドブレーカー的な用途と、雨具としての用途があります。

しかし、思い返してみると2020年と2021年は外出する機会がグッと減ったので、あまり着た記憶がありません。

私は、登山をやらないので、前述した通り専ら街中での使用です。なので、本来ストームクルーザーが持つ、ポテンシャルを十分に発揮させることはありません。

街中だけで使用するにはオーバースペック感が否めないですが2年間使ってきたので、このタイミングで感想を書くことにしました。

ストームクルーザーの良い点

・両脇のポッケ

・ゴアテックス ファブリクス3レイヤーで強度が強い(破れにくい)

・安定の耐水圧50,000mm以上、透湿性35,000g/m²

・冷たい風をシャットアウト

・カラー展開が豊富にある。

ストームクルーザーの悪い点

・カラーがわずかにくすんでいる。

・2年で出来た肩の部分のシミ

これは5年使ったトレントフレイヤーの画像ですが、ストームクルーザーにも同じような跡が2年で出来ました。

感想

ストームクルーザーを購入する前は、同じモンベルのトレントフライヤーというモデルを使っていました。

【雨具レビュー】5年位使ったトレントフライヤーJKT【montbell】
今回は5年ぐらい使用している、モンベルのレインウェアの「トレントフライヤーJKT」のレビューなんかをしていきたいと思います。2013年ぐらいにこれが発売されて、薄くて軽くて画期的だったので購入した記憶があります。主にレインウェアですから梅雨の時期と、冬の寒い時期にウィンドブレーカー(アウター)的な使い方をしていました。

良い点、悪い点は、そのトレントフライヤーと比較しての良い点、悪い点になります。

まずは、ポッケが両脇にある事。トレントフライヤーには胸の部分にしかポッケがなかったので、手袋とかを入れたいときに難儀したのですが、ストームクルーザーはポッケがあります。

あるとないのとじゃ大違いで、寒い日も手を入れられますしポッケは重宝しています。

耐水性も縫い目の所から水が来ないように丁寧に塞いであります。透湿性も良く、中で結露を起こして衣類が濡れるってことはありません。防風性も良くシャットアウトします。

この辺はさすがモンベルと言いたいところで、当たり前のようにちゃんと作られています。

カラーも豊富にある7種類のカラーヴァリエーションから好きな色をチョイスすることができます。

ストームクルーザーの悪い所と言えば、カラーヴァリエーションが豊富なのは良いのですが、私好みのビビッドなカラーが少ないというところです。ビビッドなカラーもあることはあるのですが、若干くすんでいます。

あとは、2年でリュックサックの背負う所にシミができてしまったことです。2年も使えば出てもおかしくはないけど、ちょっと残念です。前に使っていたトレントフレイヤーは5年でできたシミなので。

しかし、悪い所と言えばそんなもので、ストームクルーザーはさすがモンベルのヒットモデルということだけあって、良い商品だと思います。お勧めできます。

雨具が欲しくて色々探したものの、ノースフェイス等はちょっと高すぎッて方は、このモンベルストームクルーザーぴったりだと思います。

お近くのモンベルストアに行ってみて、まずは試着してみてはいかがでしょうか。

コメント