【ランニングウェア改造】R1フーディーに時計窓を設置した。【パタゴニア】

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

先日購入したデサントのハイブリッドランニングロングスリーブシャツ、あの例の時計窓のついているランニングロンTなのですが、便利すぎて愛用しています。

あわせて読みたい
【デサント】ハイブリッドランニングロングスリーブシャツの導入【時計窓あり】 こんにちわ、もちゃんです。(@blokore) 2021年も残り僅かになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 年を取るとホントに一年が早いですよね。 今回は、ネットサーフ...

ほかのメーカーも同じような機構を持ったロンT出ていないかなぁと調べたのですが、Onのやつぐらいしかありませんでした。(しかし、それももうsold out)

今現在愛用しているもう一つのランニンングギアがパタゴニアのR1プルオーバーフーディーなのですが、これにも時計窓があったらなぁと思うようになりました。

あわせて読みたい
【パタゴニアレビュー】R1プルオーバー・フーディを購入した こんにちわ、もちゃんです。(@blokore) いきなりですがわたくし、セールが大好きでございます。 暇さえあれば、ネットサーフィンしてセールをやってないかのパトロー...

無いなら作ってしまえということで、はさみで切って時計窓を作っちゃいましたというのが今回の話です。

目次

コレです。

但し、はさみで切ったところからほつれる可能性もあるので、ほつれないように処理する必要があると思いました。

そこで私が向かった先は、町の洋服のリフォーム屋さん。

切ったところのかがり縫いを依頼したのです。

かがり縫いとは、画像のように、切ったところから糸がほつれないように処理をすることです。

町の洋服のリフォーム屋さんではこれを500円でやってくれました。

感想

結果は画像の通りうまくいったと思います。

これを500円という破格でやってくれたので今後も機会があれば依頼しようと思いました。

ランニングギアを自分の使いやすいようにカスタマイズするっていうのは、初めてだったのですが、これからどんどんやっていこうと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次