【パタゴニアレビュー】R1プルオーバー・フーディを購入した

レビュー

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

いきなりですがわたくし、セールが大好きでございます。

暇さえあれば、ネットサーフィンしてセールをやってないかのパトロールしています。

で、前々から欲しかったパタゴニアのR1プルオーバー・フーディがセールになってるのを発見してしまったので速攻カートに入れました。

今回は、そのR1プルオーバー・フーディの紹介になります。

スポンサーリンク

コレです。

パタゴニアのR1プルオーバー・フーディです。

定価22000円のところ、セールで15400円で購入することができました。

ただ、カラーは、パープルしかサイズが残って無かった為、パープルを購入しました。

詳しく見ていきましょう。

パタゴニアのR1プルオーバー・フーディです。

一般にフリースには、カジュアルフリースとテクニカルフリースの2種類があります。

カジュアルフリース:普段着で着るようなふわふわモコモコしたフリース。

テクニカルフリース:ガチの登山で使用するフリース。(ふわふわしてない)

ざっくりいうとこんな感じだと思います。

私の持っている、パタゴニアのロスガトスクルーはカジュアルフリースで、今回購入したR1プルオーバー・フーディはテクニカルフリースに属すると思います。

またパタゴニアの中でのシリーズにレギュレーターフリースというシリーズがあり、R1はこれに属しています。

これは、ガチの登山用ギアですよ。という証明であります。

173㎝、70キロの私は、Mサイズでちょうどいい感じでした。

サムホールが付いているので、寒い日には有効です。パタゴニアのレギュレーターフリースの証である「R」の刺繍が施されてあります。

フリースと言えばおなじみの、ポーラテック社のフリースが採用されています。

 

表地の拡大画像です。フリースと言っても表地の指さわりは薄いスウェットのような感じです。

裏地の拡大画像です。凸の部分で汗を吸収して、通気性の良い凹の部分で発散します。

ポーラテックパワーグリッドと呼ばれる生地で構成されています。

着心地はどんなものか。

173㎝、70キロの私は、Mサイズでちょうどいいのですが、サムホールがある分腕の長さがか若干長いです。

パタゴニアはシルエットがタイト目に作ってあるので、体のラインがわかるほどフィットします。

着丈も半分おしりが入るぐらいあります。

速乾性(通気性)があり、それでいて保温性もあるという何とも不思議なフリースであります。

この2つは、相反するものだと思いますが、それがこのフリースのすごい所です。

そのまま着ている分には暖かいのですが、風が吹くとウェアの中にも風が通っていきます。

 

注文から到着までちょっと時間がかかります。

今回、パタゴニア公式サイトで購入したわけですが、注文してからモノが家に到着するまで6日かかりました。

具体的には、下記のようなメールの流れになりました。

注文を受け付けました。(自動配信)
↓同日
注文が確定しました。
↓5日後
注文製品を発送しました。
↓翌日
注文製品の到着

今回はセールだということもあって、注文数が多くて発送までに時間がかかりますとのメールが来ました。

発送まで5日かかったのはそのせいだと思います。普通はもっと早く発送される模様です。

Amazon感覚で注文すると、届くのがちょっと遅いなぁと感じると思います。

Amazonは注文してから翌日にモノが届きますからね。

なので、日数に余裕をもって注文することをお勧めします。

感想

秋から冬に大活躍のR1ですが、夏場のクーラーの効いた寒い部屋でも着れるので、1年中着ることができます。

R1はミドルレイヤーのギアなので、フルジップよりも途中までジップあるプルオーバーを選びました。

フルジップもラインナップされているので、好みで選んでください。

私は、このギアを冬のランニングと普段着として購入しました。

まだ冬になっていないのでまだ使ってはいませんが、この暖かさだったら冬でも十分に使えるのではないかと思います。

この辺はあとで追記していきたいと思っています。

R1の唯一のデメリットと言ったら、価格ですよね。

しかし、これ以上の性能のモノはないぐらいなので、適正価格なんじゃないかと思います。

私は、登山はやらないので、冬場のランニングでガシガシ使っていきたいです。

コメント