【GIOS】2年乗った自転車プルミーノの感想

レビュー

もちゃんです。

私は、いつも行動には自転車を使用します。運動不足解消もあるのでね。
コレは買う以前は1万円の折りたたみの自転車にのっていました。
でもちょこっとオシャレでかっこいい自転車に長く乗りたい!ってことで選んだのが
GIOSのプルミーノです。

これです。

上の写真は買ったばかりの時に取った写真なのでまだピカピカですね。
2014年に買ったので、価格ははっきりとは覚えていませんが(すいません)
48000円ぐらい、約5万円で買いました。ググってみたら現在も同じ価格
で売ってるみたいですね。


フレームは(茶色の部分)鉄で出来ているので衝撃吸収性がいいです。そんなにスピードの出る自転車ではないので速度を出して走ってはいませんが、道路の凹みの上を走ってもアルミのような突き上げ感はなく、フレームがしなってくれます。

2年も使っていると見にくいですが前輪の泥除け(ゴムの部分)が取れてしまっています。

コレでもかと言うぐらいに「GIOS」の文字を各所に散りばめています。この辺は好き嫌いが分かれそうですね。私は嫌いではありません。
続いて各パーツを見ていきましょう。

かごを載せる台座が錆びまくってますねw 2年の月日を表しています。カゴを付けたい人は、この台座の上にカゴを装着することができます。

ブレーキは前後ともにテクトロが付いてます。
シマノ製ではないですが普通に使えます。

シフターはmicroシフトが付いてます。握りしめて絞るとギアを変えることが出来ます。

デフォルトは7段変速です。
調整が甘いのかわかりませんが、私のプルミーノは7段ギアのうち3段目のギアが使えませんw
シマノのレボシフターにそのうち変えたいですね。

デザインにはあってますが、如何にもコストがかかってそうにもないイスです。
でも悪くはないです。可もなく不可もなく的な感じです。

リアディレイラーは(ギアを変える機構)シマノが付いてます。
ここに来て初めてシマノの製品が出てきましたね。私は自転車部品と言ったらシマノなのでシマノの部品が付いてると嬉しいですね。
それなりにカチカチギアを変えてくれます。

2年間乗ってみての感想

価格が価格だけに、細かいところを見るとパーツに金かかってません。
が、スピードを出す自転車でもないので、これで十分かといえばそうだといえますね。

一番買ってよかったところはまず重量が軽いってことですね。ざっくりで大体車重10キロです。
以前乗っていた折りたたみ自転車は20キロ弱ありましたから、半分の重さです。

これは、乗り出しのところで大きな有利です。巡航速度も前乗ってた折りたたみにくらべたら落ちにくいですね。それに加えてデザインも可愛いので気に入っています。

悪いところは特にないですが、サドルは変えたいパーツの1つですね。常にお尻が触れるところですので、気に入ったサドルを付けたいところです。

シフターも交換したいパーツですね。お金が溜まったらシマノのレボシフトに交換したいです。そうなるとスプロケット(ギア)も何処のメーカーのかわからないのが付いてますので
シマノ製にして統一すればいい自転車になると思います。

なんともいじりがいのある自転車プルミーノですが、今後もずっと大切に乗っていきたいと思います。

—–追記(2018年4月)—–
野ざらしに自転車を置いているので、ところどころに錆が出てきていますが、相変わらず調子がいい自転車です。サドルは安いものですが自分に合ったものを付けています。あとプルミーノ9速化したりしていじって乗っています。

9速化の記事はこちら↓

【GIOS】プルミーノ リア9速化しました
こんにちわ、もちゃんです。 今回はGIOSのプルミーノ、これのリア9速化をしてしまいました。先月リアのグリスアップをしたのですが、ハブの廻りが悪いので思い切って新しいリアホイールをオーダーしました。

2020年6月現在(購入後6年目)

各所にガタが出てきてので、この際不具合なところを全部交換しました。

【GIOS】プルミーノ定期メンテナンスをしました。【ブレーキシュー・各ワイヤー・ペダル交換】
こんにちわ、もちゃんです。(@blokore) 今回は移動のお供のミニベロ、GIOSのプルミーノのメンテナンスを行ったのでそれのレポーツです。 何気にもう購入後6年もの月日が経っています。 最初の頃は完全ノーマルで...

 

コメント