【ラコステポロシャツレビュー】40代おっさんのポロシャツ【L.12.12】

レビュー

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

だんだんと暖かくなってきました。いかがお過ごしでしょうか。

今年も花見はできそうにないですが、春の到来は毎年のことながらうれしいです。

緊急事態宣言解除されたら、半そでの季節がやってきます。

半そではTシャツしか持ってなく、1枚ぐらいポロシャツの良い奴を持っておきたいとういことで、今回、ラコステのポロシャツを購入しました。

今回はそれの紹介となります。

スポンサーリンク

コレです。

ポロシャツと言ったらこれでお馴染みの「ラコステL.12.12」

オフィスカジュアルでもオフでも行けて、一番着回ししやすい白を購入しました。

20,30代はポロシャツと言ったらフレッドペリーなんかを着ていましたが、40代になった今はラコステが合っていると思います。

私もラコステの似合うおっさんになってきたんだなぁと、うれしいやらがっかりやらしております。

詳しく見ていきましょう

純白のポロシャツ。とてもきれいですね。コレを着てカレーうどんは絶対に食べれません。

ボタンは、3つ。全部閉める人もいれば、一番上のボタンは閉めない人もいるようです。わたしは、一番上は閉めない人です。

私は、ちょいゆとりのある着方をしたいので、サイズ4を選択しました。

裾に付いているタグには、しっかりとメイドインジャパンの文字があります。

このシャツは、ラコステの店員曰く、洗濯すると若干縮むので、大きめのサイズを購入することが大事だそうです。

女性用・男性用で、各々数種類カットのヴァリエーションがあります。

私は、スリムフィットを購入しました。

感想

ポロシャツ、ここ最近は購入していなかったので、購入して良かったです。

一枚持つと、色々なカラーが出ているのでいくつか欲しくなってしまいました。

ラコステのポロシャツは、40種類のカラー展開があります。

私は、素肌にポロシャツを着るのがなんとなく苦手で、インナーシャツを着ています。


 

汗もインナーの方に吸収されるので、着ています。この辺は好みですね。

お値段は少々張りますが、1枚は持っておいて損はないですし、5年ぐらいは着れると思うので、コスパは悪くないと思います。

最後、一緒に貰ったカタログに、ポロシャツにまつわる数字というのが書いてあったので、このブログに残しておこうと思います。

20km…L.12.12のポロシャツ一枚に使用するヤーン糸

16…ポロシャツ一枚の製作工程

1200…ワニロゴ1つあたりの刺繡のステッチ数

10年…ポロシャツのボタンに使われる真珠母の生産に必要な年数

40…展開カラー数

230g…ポロシャツ1枚の重さ

0.3g…ワニロゴの重さ


コメント