【スタバのストロー】シリコンストローの良い点・残念な点【環境保護】

レビュー

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

ここ数年、環境にやさしい政策が施行されています。

最近で言うのならば、コンビニ等のビニール袋の有料化。プラスティックのごみを出させないような動きになっていっています。

そんな中、2021年3月17日にスタバより使い捨てじゃないストローである、シリコンストローが発売されたので、購入してみました。

今回は、それを実際に使ってみた感想なんかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

スタバのシリコンストローはコレです。

正式名は「リユーザブルストロー&シリコーンケース」。

シリコン製のストロー、冷たい飲み物専用であります。

ストロー・ストローを入れるケース・ストローを洗うブラシ、以上3点です。これで900円(税別)となります。

この色のほかに、ピンクがありました。

良いところ。

環境にやさしいこと。自分が環境にやさしいことをしているという優越感を感じることができます。

ストロー自体は、シリコンですので、柔らかくできています。プラスチックに慣れているので最初の口当たりは、ちょっと違和感を感じますが慣れれば問題ありません。

洗えば何回でも使えますし、ゴミも出ません。エコな商品であります。

コレをもってドリンクができるのを待っていたところ、スタバの店員さんに「ストロー購入されたんですね、ありがとうございます。」と言われました。

スタバはめったに行かないのですが、店員さんがフレンドリーですね。

残念なところ。

そのままではケースにストローとストローブラシが入る余裕がありません。一緒に持ち歩かないと意味がないので、入るような仕組みにしてほしかったです。

私は、ブラシも持ち歩きたいので、ストローの中にブラシを入れて、それをケースに入れて持ち歩いています。

今度は、実際にこれを使って飲んだところでの残念なところを上げていこうと思います。

何とかフラペチーノ(覚えられない)を飲んだ後、ベッタベタになったストローを早速洗いたいのに、店舗内には洗う所がありません。

最悪、トイレがあるので、そこで洗うことはできますが、衛生的に好きではありません。店舗内に簡易的な洗浄場所ができたらよいと思います。

あと、ストロー自体がシリコンでフニャフニャなので、円を描くようにかき混ぜることができません。かき混ぜたい時は、上下にしてかき混ぜてください。

感想

つらつらと書いてみましたが、残念なところの方が多いっていうのが感想です。

環境にやさしいことをやっているので、多少の面倒なのはしようがないと思っています。

しかし、これは慣れればなんてことない内容のものばかりですので、慣れれば問題はないかと思います。

前述しましたが、店舗内にストローの洗浄所を作ってほしいですね。

これは結構大掛かりな工事を必要としますが、スタバが本気で普及させようとするつもりなら、ストローを売るだけでなく飲んだ後のことも考えてほしい所です。

コメント