【2021年】第97回箱根駅伝出場校のユニホームメーカーとスポンサー一覧

趣味

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

全国高校駅伝も終わり、いよいよ今年もあと僅かとなってきました。

しかし、駅伝シーズンはこれからです。来年の元旦には、ニューイヤー駅伝が、2,3日には、箱根駅伝が開催されます。

特に箱根駅伝は、97回の歴史を誇る偉大な大会であります。

そんな箱根駅伝で、新たな試みをしようとしています。

 

第97回大会からスポンサー企業の名前やロゴが入ることになりました。チーム強化や選手の経済的負担を減らす狙いがあり、今大会では20ティーム中13ティームが導入することになりそうです。

学校名やウェアのメーカーに加え、企業名などを「40平方センチ、高さ5センチ以内」の大きさで、シャツとパンツに一つずつ同じスポンサーのものを入れられます。

 

スポンサーリンク

各大学のユニホームメーカーとスポンサー一覧

大学名メーカースポンサー
01青山学院大学アディダス妙高市 新潟県
02東海大学ナイキSUNSHINE(山王総合)神奈川県伊勢原市
03國學院大学スボルメASAGAMI(アサガミ)東京都千代田区
04帝京大学アシックス
05東京国際大学ミズノ
06明治大学アディダスサトウのごはん(サトウ食品)新潟県新潟市
07早稲田大学アシックス
08駒澤大学ナイキ日能研 神奈川県横浜市
09創価大学ミズノ創友会(創価大学OB会)
10東洋大学ナイキ健康ミネラルむぎ茶(伊藤園)東京都渋谷区
11順天堂大学デサント
12中央大学ナイキ
13城西大学ニューバランス新田ゼラチン 大阪市浪速区
14神奈川大学ミズノ
15国士館大学ミズノSUZUKI(スズキ)静岡県浜松市
16日本体育大学ミズノ
17山梨学院大学アシックス※山梨中央銀行 山梨県甲府市
18法政大学ミズノYUSEI(郵生)神奈川県平塚市
19拓殖大学ニューバランス陸上競技部・支援会・後援会・学友会
20専修大学アシックスアマタケ(岩手県大船渡市)

※TVで確認

感想

箱根駅伝の前回大会平均視聴率は約30%で約11時間にも及びます。大学名とともにメーカーのロゴも映るだけに、業界内では「数十億円相当の宣伝効果」ともいわれているそうです。

それに目を付けて、大企業が高額オファーを青山学院大学にしたというニュースもありました。

しかし、やはり97回の歴史を誇る箱根駅伝、各大学今まで沢山の人々・企業にお世話になったのでしょう。青山学院大学は合宿でお世話になっている妙高市、東海大学と法政大学は今までの恩返しということで、無償でロゴを付けているそうです。

また、創価大や國學院大のように、OBの繋がりでということもあるようです。

一方、契約しているスポーツメーカーに関しては、オフィシャルの場では契約メーカーのウェア・シューズを着用しているようですが、レースシューズに関してはそこまで縛りはなく、選手の好きなシューズが履けるようですね。良いことだと思います。

コメント