【withings body+レビュー】wifi体重計を導入した【ダイエット】

ダイエット

ダイエット、自分なりに頑張っています。最近では水しか飲み物は取らないようにしています

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

みなさん、体重計乗っていますか?

私は普通の体重計持っておるのですが、最近は乗っていても記憶が数日しか持たなく、記録するのもめんどいので、結局乗らなくなってしまっています。

なので今回、乗ったら自動的に記憶・グラフ化される高性能な体重計を購入したのでそれのレビューです。私の購入した体重計は、、、

スポンサーリンク

コレです。

Withings Body + です。フランスのメーカーwifi体重計です。

体重計というか、正式には体重体組成計と言うらしいです。

「体組成」とは、筋肉や脂肪、骨など私たちの体を構成する組織のことをいいます。その「体組成」を推定して表示するのが、体重体組成計です。

体重だけではなく、筋肉量・体脂肪・骨密度・体内水分・BMI・天気!?などが表示されます。

withing Body+を選んだ理由

なぜ国産のメーカーの体重体組成計を選ばなかったかというと、国産メーカー(タニタ・オムロン)はBluetooth体重体組成計だったからです。Bluetooth体重体組成計だと、スマホでアプリを立ち上げてから体重体組成計に乗らないといけません。その手間が面倒くさそうだったのです。

その点、wifi体重体組成計は一度wifiの設定をしておけば、ただ乗るだけで勝手にクラウドに記録してくれます。

設定は、取扱説明書が付いていますので、迷うことなくスムーズに行うことができました。

使い方

体重計に乗るだけ。以上でございます。

設定で予めインストールしてある health mate というアプリを立ち上げると自動的に記録されて、グラフ化されています。

感想

今回、体重体組成計を購入するにあたり、国産はじめ色々なメーカーのを見てきたのですが、どれもレビューを見てみると、アプリとの連携がいまいちなようで結構選択に難儀しました。

まだ使い始めて間もないですが、不満点があるとすれば、測定が終わった後にピッと電子音が鳴れば分かりやすくて良いかなぁと思います。

何も電子音が鳴らないので、表示パネルをじっと見つめていなければなりません。測定にも結構時間がかかるので待ってる時間が長く感じます。

また、計測時間も慣れていないせいか、長かったり短かったりします。立ち方にコツがあるのかもしれません。

あと、体重が200g単位でしか測れないので、毎回正確な数値が欲しいって方は合わないと思います。長期的な目で体重を見れる方に合っていると思います。

それ以外は、快適に使用できていると思います。やはりBluetoothではなくWIFIの奴にして正解だったなぁと思いました。アプリを測定ごとに立ち上げなくてもいいのでかなり楽です。

どうしても日本製のWIFI体重体組成計が欲しいって方は、↓のエレコムからもラインナップされています。多分日本製のWIFI体重体組成計はコレしかないと思います。(2020年6月現在)


コメント