2017年箱根駅伝各大学のユニホームのメーカーを調べてみたよ

趣味

もちゃんです。
今回は2017年1月2日~3日に行われた箱根駅伝出場校のユニホームメーカーを調べました。
ただし、関東学連に関しては除いています。

順位とユニホームメーカー一覧

1  青山学院大学  アディダス
2  東洋大学        ナイキ
3  早稲田大学     アシックス
4  順天堂大学     デサント
5  神奈川大学     ナイキ
6  中央学院大学  アシックス
7  日本体育大学  アシックス
8  法政大学        ミズノ
9  駒澤大学        ナイキ
10  東海大学        ミズノ
11  帝京大学        アシックス
12  創価大学        ミズノ
13  大東文化大学  クレーマー
14  拓殖大学        ニューバランス
15  上武大学        ニューバランス
16  國學院大學     ミズノ
17  山梨学院大学  アシックス
18  明治大学        アディダス
19  日本大学        ミズノ
OP  関東学生連合
20  国士舘大学     ミズノ

集計結果

1位 ミズノ     6校
2位 アシックス   5校
3位 ナイキ     3校
4位 アディダス   2校
4位 ニューバランス 2校
6位 デサント    1校
6位 クレーマー   1校

という結果になりました。
高校駅伝と同様国内メーカーが強いですね。
国外メーカーも最近は力を入れてるようです。

感想

箱根駅伝は平均視聴率は約30%で約11時間にも及びます。大学名とともにメーカーのロゴも映るだけに、業界内では「数十億円相当の宣伝効果」ともいわれているそうです。

高校駅伝と違って?(ハッキリとは分かりませんが)メーカーと大学側が契約をしてます。
契約することで、選手の意見をシューズにフィードバックして日本人向けのシューズ・ウェア作りをしていきたいのでしょう。
ニューバランスなんかは本格的に走るためのシューズメーカーと言うイメージが弱いのですが箱根駅伝の宣伝によりトップランナー向けシューズも提供していることをブランドアップにしていきたんだと思います。近年の箱根駅伝を見てみると、ミズノ・アシックスの大多数だったのですが、明らかにナイキ・アディダス勢が増えてきています。数年間培ってきた成果が近年実ってきた感じですね。

 

 

 

 

 

 

コメント