【montbell】ゴアテックス素材の洗濯してみた【トレントフライヤーJKT】

レビュー

こんにちわ、もちゃんです。
今回は、ゴアテックス素材のJKTを洗濯してみました。専用の洗剤を使って洗濯してみたのでその洗剤のレビューも兼ねて紹介してみたいと思います。

洗濯したのはこのJKTです。

 

モンベルのレインウェアラインナップの中で一番軽いモデルです。透湿防水性ともに5つ星と登山にも余裕で使えるモデルです。私は主に防寒着やレインウェアとして使用しています。
他にも、上記にあるようなモデルがラインアップされています。トレントフレイヤーのお値段は2万円前後です。レインウェアに2万円はお高いと一見思いますが、ちゃんと手入れをして使えば10年ぐらい使えるのでコスパは悪くないと思います。

今回使用した洗剤はこれです。

 

ベースクリーナーは400mlでアウトドアウェア26着分洗えます。
お値段は1000円(税抜き)
撥水剤の方は、300mlでアウトドアウェア9着分の撥水ができます。
お値段は1500円(税抜き)

洗濯方法

洗濯方法としましては、JKTはジッパーを閉じて洗濯ネットに入れて洗濯機の弱で洗濯しました。クリーナーは洗濯機の水量15リットルに対してキャップ2杯です。すすぎは十分に行ってください。私はすすぎを2回行いました。
すすぎが終わったら、もう一度水をためて今度は撥水剤を入れて漬け込みます。撥水剤は洗濯機の水量15リットルに対してキャップ5杯です。
この撥水剤、ほんのり香りがするので嫌な人はバスタブで漬け置きしたほうが良いかもしれません。私は気にせず洗濯機で漬け置きしました。気が済むまで漬け置きし(私は30分ぐらい)、10分程度洗濯機を回してから脱水します。すすぎはしません。乾燥機で熱処理すればより一層耐久性のある撥水効果を得られるそうですが、あいにく乾燥機がないため自然乾燥しました。

効果の程はどうかしら

選択前の画像です。この画像では分かりづらいですが、水が染み込んでいます。全く撥水していません。分かりづらくてすいません。

撥水効果が戻りました。の画像です。先日雨でしたので、早速着てみたのですが、全体的に撥水効果が復活していました。

感想

多分このJKT購入して5年ぐらいなんですが、雨の日と寒い日以外着ていなかったのでそんなに汚れてはいないだろうと思っていましたが、洗濯したら汚水が汚かったです。5年分の汚れがきれいになってまた愛着がわきました。更に、撥水効果も復活したので新しいJKTの購入も考えていたのですが、購入せずに済みました。ベースクリーナーの方は、アウトドアウェアの他にも、合成繊維製品からウール製品等幅広く対応しているので、このブログで紹介している、ジオラインラウンドネックシャツなどにも使えそうです。関東はもう梅雨明けしたそうですが、まだ開けていない地域もあるので、この梅雨の時期に一回レインウェアの洗濯をしてみてはいかがでしょうか。

コメント