【ランニングシューズレビュー】ウエーブエアロ20+Rを購入した【ミズノ】

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

気温の乱高下の激しい日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。

新年度になり、ワクチンの3回目も受けて、結構忙しい毎日を送っております。

ワクチンの副作用がえぐかったので、それを乗り越えたごほうびに新しいランニングシューズを購入しました。

目次

コレです。

ミズノのウエーブエアロ20+Rです。

ミズノのシューズは実に高校生以来になります。

あわせて読みたい
【ランニングシューズを語る】ミズノよ、がんばれ!!!【エール】 こんにちわ、もちゃんです。(@blokore) わたくし、ダイエットのために毎日ジョギング&ウォーキングをしています。 で、ジョガーの多いところで行っているので、ジョ...

↑以前こんな記事を書きましたが、以降ミズノのシューズでこれは履いてみたいというシューズを探していたのです。

詳しく見ていきましょう。

ミッドソールは、2層構造で、上部の黄色く塗られているミッドソールがMIZUNO ENERZY LITE(ミズノエナジーライト)、下部の白い部分がMIZUNO ENERZY (ミズノエナジー)となっております。

わたくし、色んなメーカーのランニングシューズを履いていますが、これも例に漏れず、2層構造になっております。

ミズノより

前作よりもミッドサールはなんと10mmも厚くなったそうです。ミズノもいよいよ厚底シューズのラインナップを増やしていくのでしょうか。

ヒールカップは、見た目は軟そうに見えるのですが、実際はしっかりしています。

内側にも、ミズノのマークがドーンと入っています。アグレッシブなデザインでかっこいいです。

黒い部分のシューズのベロは、アッパーと一体になっており、僅かに伸縮します。

このシューズを履くときは、かかとにあるストラップに人差し指を通して、結構強く引っ張りながら履かなければなりません。

履くのはちょっと難儀しますが、履いたら素晴らしいフィット感です。

親指にあたっている、黒いグラスファイバー素材のナイロンプレートのものは、ミズノウェーブと呼ばれるものです。

プレートが搭載されているのですが、フルレングスではなく前足部は左右に分かれる感じでフォーク状に搭載されています。

グライドライドほどではありませんが、つま先がせりあがっていて、走るとコロンと進むようにできています。

前足部の細かいスパイク状のものは、G3アウトソールというグリップ力が高い、軽量アウトソールが搭載されています。

グリップ力が良いです。触ると硬質ゴムのような感じで、耐久性も良いそうです。

サイズは26.0cmで221gでした。

初めてこのシューズを持ったときに思ったのですが、軽いんですよね。

これだけの厚底なのに、こんなに軽いのは、ミッドソールのほとんどをミズノエナジーライトで構成されているからだと思います。

実際に走ってみました。

一番最初に感じるのは、ロッカー機能ですね。アシックスのグライドライドほど極端ではありませんが、重心を前にするとくるんと前に進むような機能です。

足触りは、ちょい硬めな感じなのですが、スピードを上げて走ると、このぐらいの硬めの方が私は走りやすいです。

ミズノウェーブのプレートも搭載されていますが、プレートの主張はそんなに感じません。

プレートはつま先までフルレングスで入ってはいないので、強烈な推進力を与えるタイプではないのではないかと思います。

感想

このシューズはフルマラソンでいう所の3時間半レベルの人を対象としているようです。

確かにキロ5分以上のペースで走ると、このシューズにはまっている感じがして気持ちが良いです。

ずっとこのペースで走っていたいと思えるのですが、わたしの足が持ちません。

あと、アッパーのフィット感もいい感じです。

履くのにはちょっと難儀しますが、紐なしでも走れるのではと思えるほどのフィット感です。

あと、シューズ自体の重量が軽いのが良いです。

このぐらいの軽さが今の私には丁度良く、気持ちよく走ることができます。

高校生の時以来のミズノのランニングシューズなんですが、良い意味で変わりがなく安心して履くことができました。

このシューズから、ミズノの厚底シューズの反撃が始まるのではないでしょうか。

楽しみにして見守っていきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる