【ベックマンフラットボックス】オールソールが完成した。【型番9063】

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2022年4月の上旬に、町の靴修理屋さんにてベックマンフラットボックスのオールソールを依頼しました。

あわせて読みたい
【REDWING】ベックマンフラットボックスのオールソールを依頼した。【型番9063】 こんにちわ、もちゃんです。(@blokore) 今回は、冬場に大活躍したレッドウィングのベックマンフラットボックスのオールソールをオーダーしたのでその報告になります。...

4月の下旬になり、そのオールソールが出来上がったので、その報告であります。

目次

コレです。

オールソール前
オールソール後

写真を見てお分かりでしょう。ソールはビブラム#435をチョイスしました。

ベックマンは、ワークブーツってよりは、ドレスブーツな感じなので、ソールもゴツゴツしてない上品なのをということで、無難なソールをチョイスしたわけですが、十分にかっこいいです。

新しいソールに交換すると、勿体なくて履くことを躊躇しそうなんですが、私はガンガン履いていきたいと思います。

踵はこんな感じです。

全体像はこんな感じです。

真ん中の革の部分は、交換はせずにゴムの部分だけの交換だということが分かります。

その分工数が少ないので、料金も安かったのだと思います。

ちなみに料金は13200円(税込)でした。

アッパーの方を見てみましょう。

アッパーの方は、特に変わりはありません。

ステッチ(縫い目)が白なのでそれが目立っていい感じです。純正は茶色のステッチでした。

感想

私は、ブーツを購入して2年でオールソールしたわけですが、もうちょっとソールが減ってからでも良かったなあと思います。

その位、純正のソールは減りにくいですし、丈夫だからです。

夏までは、ガンガン履いていこうと思っています。

冬が終わり、ブーツを履かなくなり、オールソールの依頼が増えてくると思うので、オールソールを考えてる人は、早めに依頼することをお勧めします。

1か月くらい掛かるので、余裕をもって依頼してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる