【ミリタリージャケット】40代おっさんの普段着のM65フィールドジャケット

日記

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

暖かい日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

暖かくなってきたので、春物の洋服を押し入れから出してきました。

そこにあったのが、今回紹介するM65ジャケットです。

スポンサーリンク

コレです。

先ほど春物の洋服と申しましたが、このM65ジャケットはライナーというインナーを付ければ真冬でも着れないことはありません。

最近は春といえど、暖かすぎてM65ジャケットを着て外出しても暑くて脱いでしまっています。

このM65歴史をたどると、1st,2nd,3rd,4thといった4つのモデルがあるようです。

私はその辺詳しくはないので、詳しくは下記のブログ記事を参照してください。

M65フィールドジャケット特集。年代別各モデル M-65 画像解説
M65フィールドジャケット特集。年代別各モデル M-65 画像解説

どうやら、私のは3rdモデルのレプリカモノのようです。

M65ジャケットのサイズ感

アメリカの軍モノですので、サイズは大きめに作られています。

私は、173cmの70キロ前後ですが、一番小さいサイズのスモールレギュラー(SR)のサイズでぴったりでした。

試着をして購入がベターです。

細かく見ていきましょう。

M65フィールドジャケットです。サイズはスモールレギュラー(SR)。ポッケが4つあります。

襟の拡大写真です。このチャックは、簡易的なフードを収納しています。軽い雨には対応できます。

軍モノと言えば、このエポレットが印象的であります。エポレットっていうのは、肩にある部分のストラップのことを言います。将校の階級章をここに示したことから、一般的にエポレット(肩章)と呼ばれるようになったそうです。正確にはショルダーストラップです。

M65の1stにはこのエポレットがありません。2ndから装備されます。

胸ポッケはボタン式になっています。

袖の拡大写真です。袖口を狭めることができるようにベロクロが付いています。

三角に折り曲げているのは、トリガーミトンを付ける機構があるようです。わたくしこの辺はちょっと詳しくないので、下記の記事を読んでください。

M65フィールドJKT 袖の三角フラップって何よ? | M-51Parkaに関する2,3の事柄
 野戦服には、街なかで着用してるだけではよく解らない仕様があったりします。 M-65ジャケットについていえば、胸中央に露出したボタンとか袖に折りたたまれた...

 

感想

軍モノのジャケットは、これしか持っていませんが、今の時期重宝しています。

綿・ナイロンそれぞれ50%で出来ているので、重量としては結構重いです。

ですが、前モデルであるM51ジャケットは綿100%でしたので、軽量化したほうだと思います。

多分、綿とナイロンの良いとこどりをしたのではないでしょうか。

カラーヴァリエーションは、メーカーにもよりますが、黒やネイビーもあります。

着まわしを考えると、この色ではなく、黒やネイビーの方が着回ししやすいかもしれません。

私は、チノパンとか白いパンツと合わせて着ています。

特に白いパンツだとおしゃれ上級者に見えるかもしれません。お勧めの着こなしであります。

4月になって押し入れから出したのですが、もうちょっと早く出しても良かったです。

秋ごろから春先までのジャケットですね。

一着は持っといても損はないと思うジャケットの1つです。

コメント