【2019年】第51回全日本大学駅伝対校選手権大会【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2019年11月3日(日)に第51回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下全日本大学駅伝)が開催されました。

群雄割拠の時代に突入した感じのある今年は、どこの大学が優勝してもおかしくはありません。

さぁ、今年の全日本大学駅伝はどこが優勝したのでしょうか?

公式サイトの結果はこちらになります。(PDF)

 

コースと区間距離

大会結果

1位東海大5:13:15
2位青山学院大5:14:59
3位駒澤大5:15:04
4位東京国際大5:15:35
5位東洋大5:15:40
6位早稲田大5:17:04
7位國學院大5:17:34
8位帝京大5:19:38シード
9位順天堂大5:19:46

区間賞

1区荻久保 寛也城西大4年27:49
2区伊藤 達彦東京国際大4年31:17区間新
3区相澤 晃東洋大4年33:01区間新
4区西田 壮志東海大3年33:54
5区青木 祐人國學院大4年36:06区間新
6区郡司 陽大東海大4年37:26区間新
7区田澤 廉駒沢大1年52:09
8区ルカ・ムセンビ東京国際大1年57:14

優勝した東海大学の個人成績

1区小松 陽平(4)27:58区間3位
2区西川雄一朗(4)32:02区間10位区間新
3区塩澤 稀夕(3)33:57区間3位
4区西田 壮志(3)33:54区間賞
5区市村 朋樹(2)36:43区間7位
6区郡司 陽大(4)37:26区間賞区間新
7区松尾淳之介(4)53:29区間8位
8区名取 燎太(3)57:46区間2位MVP

 

感想

東海大学16年ぶり2度目の優勝おめでとうございます。

黄金世代選手(坂口、鬼塚、關、舘澤)が抜けた今大会、厳しいなと思っていたのですが、層の厚さを見せつけての優勝。

箱根駅伝には抜けた4人のうち3人が戻ってくるとの情報もありました。箱根駅伝は、今大会の新戦力と黄金世代との融合が見れそうです。こうなると東海大学の箱根駅伝の優勝が大きくなるのではないでしょうか。

アンカーの名取選手の記録は、日本人歴代5位タイの好記録です。夏のハーフマラソンで1時間2分台の選手ですから、力通りのタイムが出せたのではないでしょうか。箱根駅伝も出場することでしょう。

出雲の市村選手に続いての大学駅伝ではニューフェイスですね。注目していきたいと思います。

他大学では、相澤選手の1分以上更新した区間新記録の爆走。1年ながらエース区間を走って見事区間賞を取った田澤選手。

東洋の相澤選手は、旭化成の就職が決まっていますので、実業団でも見れるので楽しみです。その前に箱根の2区での6分台の記録を期待します。

駒沢の田澤選手は、青学のエースである吉田選手を抑えての区間賞。10キロ以上のレースをロードで走るのは初めてだったらしいのですが、すごい走りでした。

20キロのロード適正もあるようなので箱根も走るのではないでしょうか。

学生のうちに10000m27分台のランナーに育ってほしいです。

駅伝ファンの一人としては、黄金世代が万全な状態で全員出場っていうのが見てみたいです。誰かしらケガやケガ明けとかでの出場っていう印象があるので。最後の箱根でそれを見てみたいです。

コメント