【2018年】第50回全日本大学駅伝対校選手権大会【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2018年11月4日(日)に学生三大駅伝の1つである第50回全日本大学駅伝対校選手権大会(以下全日本大学駅伝)が絶好のコンディションの中、開催されました。

優勝は3冠を狙う青山学院大学か、出雲のリベンジを東洋・東海大学が果たすのか、箱根駅伝予選会で圧倒的な力を見せつけた駒澤大学なのか?

さぁ、どうなったでしょうか。公式のウェブサイトはココです。

大会結果

1位 青山学院大 5:13:11
2位 東海大   5:15:31
3位 東洋大   5:15:57
4位 駒澤大   5:17:29
5位 帝京大   5:18:34
6位 國學院大  5:19:50
7位 法政大   5:20:21
8位 城西大   5:20:29   ここまでがシード

区間賞

第1区    9.5km  27:25  石井 優樹  (日本学連選抜)
第2区  11.1km      32:08      荻久保 寛也 (城西大・3年)
第3区    11.9km      34:09      館澤 亨次    (東海大・3年)
第4区    11.8km      33:48      塩尻 和也    (順天堂大・4年)
第5区    12.4km      36:23      吉田 祐也    (青山学院大・3年)
第6区    12.8km      37:29      吉田 圭太    (青山学院大・2年)
第7区    17.6km      50:21      M.ワンブィ  (日本大・4年)
第8区    19.7km      58:23      相澤 晃       (東洋大・3年)

優勝した青山学院の個人成績

第1区    9.5km  27:29  小野田 勇次 (4年)     区間3位
第2区  11.1km      32:21      橋詰 大慧    (4年)      区間5位
第3区    11.9km      34:42      鈴木 塁人      (3年)      区間3位
第4区    11.8km      34:27      林 奎介         (4年)      区間2位
第5区    12.4km      36:23      吉田 祐也      (3年)      区間1位
第6区    12.8km      37:29      吉田 圭太      (2年)  区間1位
第7区    17.6km      51:36      森田 歩希    (4年)      区間2位   MVP
第8区    19.7km      58:44      梶谷 瑠哉      (4年)      区間3位

2位東海大の個人成績

第1区    9.5km  27:31  西川 雄一朗 (3年)     区間4位
第2区  11.1km      32:15      關 颯人       (3年)      区間4位
第3区    11.9km      34:09      館澤 亨次      (3年)      区間1位
第4区    11.8km      34:38      西田 壮志      (2年)      区間3位
第5区    12.4km      36:25      鬼塚 翔太      (3年)      区間2位
第6区    12.8km      37:42      郡司 陽大      (3年)  区間2位
第7区    17.6km      53:45      湊谷 春紀    (4年)      区間9位
第8区    19.7km      59:06      湯澤 舜         (4年)      区間4位

感想

青山学院の皆様おめでとうございます。強いですね~。1区の小野田選手もしっかりと仕事をしましたし、追う立場だった選手たちもしっかり走っていました。青学の選手は安定して失敗する選手がいなかったですね。

東海・東洋大学は誰かしらが不本意な成績で走ってしまい、それが2分以上のゴールタイム差に表れたのではないかと思います。次の箱根駅伝は1つの区間が20キロ超えるのであっという間に差が開きます。なので全員が安定して走るってことが大事になってくると思います。

次は箱根駅伝です。学生駅伝の中でも学生としては別格に注目度の大きい大会ですし、3大駅伝の最後の大会なので選手もそこにピークを持ってきます。

東海大学は、關選手・鬼塚選手の復活の兆しが見えたような気がしたので箱根駅伝に向かって頑張ってほしいところです。学生TOPレベルでもまだまだピークには程遠いと思うのでしっかり調整してほしいです。また、全日本に出ていない選手で力のある選手もまだまだいるので、坂口・塩澤選手とかには注目していきたいです。

東洋大学は、今大会の中盤から後半の追い上げを見れば、山本・相澤・西山選手の3本柱だけじゃないティームなのは明らかなのでもっとティーム力を上げていきたいです。出雲・全日本とブレーキになった西山選手も絶好調で箱根には出てほしいです。

選手のみなさん、お疲れさまでした。2か月後を(箱根駅伝)楽しみに待っています。

コメント