【2019】東京マラソン【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2019年3月3日に東京マラソン2019が開催されました。今回はそのリザルトです。最悪なコンディションの中行われた今大会、優勝は誰が獲得したのでしょうか?注目の大迫選手の成績は?さぁまいりましょう。東京マラソン2019の公式のリザルトはこちらです(PDF)

大会結果

1位 2:04:48  B.レゲセ(エチオピア)
2位 2:06:48  B.カロキ(ケニア・DeNA)
3位 2:08:44  D.チュンバ(ケニア)
4位 2:09:41  S.カリウキ(日本薬科大学)
5位 2:10:21  堀尾謙介(中央大学)MGC獲得
6位 2:10:30  今井正人(トヨタ自動車九州)MGC獲得
7位 2:10:35  藤川拓也(中国電気)MGC獲得
8位 2:11:05  神野大地(セルソース)MGC獲得(ワイルドカード)

日本人1位の堀尾選手のラップとスプリット

05k 14:55
10k 29:59 15:04
15k 45:04 15:05
20k 1:00:04 15:00
25k 1:15:16 15:12
30k 1:30:42 15:26
35k 1:46:33 15:51
40k 2:02:59 16:26
finish 2:10:21 7:22

感想

今大会、雨と風がありコンディションがよくありませんでした。途中棄権した大迫選手もスタート時点で寒さを感じて体が動かなかったいたらしく、マラソンの厳しさを感じた大会になったのではないでしょうか。しかし、これも経験のうち。大迫選手の事ですから、これを糧にMGCでは見事な快走をしてくれるでしょう。五輪代表候補筆頭は変わらないと思います。

今大会は中央大学4年の堀尾謙介選手、伏兵が日本人1位をかっさらっていきました。去年の東京マラソン2018で当時神奈川大学4年の鈴木健吾選手が出した記録(日本人13位)と同タイムでの日本人1位。いかにコンディション悪かったのがこのことからわかります。この堀尾選手、4月からはトヨタ自動車への入社予定です。トヨタにはすでにMGC出場権利を獲得している服部・藤本・宮脇選手がいます。この辺の対決も楽しみではあります。

中村選手、佐藤選手は、すでにMGC出場権を持っていることから、積極的にチャレンジしてきました。結果惨敗だったわけですが、これで好タイムを出すには自分がどういう走りをすれば良いかが分かってきたのではないでしょうか。またこの経験をMGC本番にどういう風に繋げられるのかがカギになると思います。

青学勢は、神野選手はワイルドカードで見事MGC出場権利を獲得、一方、一色選手はワイルドカードまであと4秒足りなく残念ながらMGC出場権利を獲得することはできませんでした。今後はどういうスケジュールになるのかは不明ですがツイートでは今以上に頑張ると言っていたので見守りたいと思います。

あとは設楽兄弟の兄貴の方の設楽啓太選手、見事PB更新でした。タイムは 2:14:41でしたが着実に成長しています。今後が楽しみです。

終わりに

やはり、コンディションが悪かったのが悔やまれます。前日は小春日和だったのに、当日に限って一変して冬の寒さに戻りましたから。もし好条件だったら好記録続出・一色選手もMGC出場権利獲得できたでしょう。ここ最近はマラソンで好記録が連発していたので、私自身も甘く見ていたところがありました。そんなにマラソンは楽じゃないことを再確認した今大会でした。

コメント