【2020】第40回クイーンズ駅伝【リザルト】

マラソン・駅伝

もちゃんです。(@blokore

2020年11月22日(日)に第40回全日本実業団駅伝ことクイーンズ駅伝が開催されました。

日本郵政Gの連覇なるのか、それともほかの企業が連覇を阻止するのか。どうなったのでしょうか。

公式のサイトはこちらになります。

 

スポンサーリンク

コースと区間距離

1区(7.6km) 松島町文化観光交流館前 → ヤマダデンキテックランド塩釜店前
2区(3.3km) ヤマダデンキテックランド塩釜店前 → 塩竃市水道部前
3区(10.9km) 塩竃市水道部前 → 富士化学工業前
4区(3.6km) 富士化学工業前 → 聖和学園高等学校前
5区(10.0km) 聖和学園高等学校前 → 仙台第二高等学校前
6区(6.795km) 仙台第二高等学校前 → 弘進ゴム アスリートパーク仙台

今年からコースが変わり、1区がちょっと長くなり、その分2区が短くなりました。

総合成績

1位JP日本郵政G02:13:34(大会新)
2位積水化学02:14:50
3位豊田自動織機02:15:36
4位ワコール02:15:37
5位デンソー02:16:03
6位ヤマダホールディングス02:16:08
7位パナソニック02:16:59
8位九電工02:17:15

区間賞

1区(7.6km)廣中 璃梨佳JP日本郵政G00:23:21区間新
2区(3.3km)卜部 蘭積水化学00:10:18
3区(10.9km)新谷 仁美積水化学00:33:20区間新
4区(3.6km)R.ワンジルスターツ00:10:53区間新
5区(10.0km)鈴木 亜由子JP日本郵政G00:32:18
6区(6.795km)大西 ひかりJP日本郵政G00:21:13

日本郵政Gの個人成績

1区(7.6km)廣中 璃梨佳00:23:21区間賞区間新
2区(3.3km)菅田 雅香00:10:40区間11位
3区(10.9km)鍋島 莉奈00:34:25区間2位区間新
4区(3.6km)宇都宮 恵理00:11:37区間14位
5区(10.0km)鈴木 亜由子00:32:18区間賞
6区(6.795km)大西 ひかり00:21:13区間賞

 

試合ハイライト

日本郵政Gは去年同様、1区廣中選手で区間賞区間新で主導権を握りました。しかし2区3区、今年から積水化学に加入した卜部・新谷選手が区間賞の走りで逆転。

新谷選手は、以前の区間記録を1分以上も更新する好記録での区間賞。一時は約1分の差を日本郵政Gにつけていました。

ところが5区、日本郵政Gの鈴木選手が猛追し逆転。逆に29秒差をつけアンカーにタスキを渡しました。

日本郵政Gはそのまま大会新で2年連続の優勝を果たしました。

感想

個人的MVPは日本郵政Gの鍋島選手です。新谷選手に続く区間2位でしたがそれほど新谷選手に貯金を作らせなかったので選出しました。

廣中選手はもう区間賞で当たり前みたいな感じですが、今年は去年よりもさらに強くなったなぁと思わせる走りでした。

鈴木選手はケガ明けまだ完治していないとの事でしたが、期待通りの走りをしました。来年のオリンピックまでにしっかりと直してほしい所です。

積水化学の新谷選手は、もうすでに来年の大会のリベンジ宣言してるので、より強くなって戻ってくるでしょう。楽しみでなりません。

また、今大会で駅伝引退する福士選手も38歳とは思えない走りで、4位でフィニッシュしました。長年陸上長距離界に貢献して、今もなお5000mの日本記録は破られていないレジェンドです。

長年お疲れさまでしたと言いたいです

コメント