【2019】クイーンズ駅伝【リザルト】

マラソン・駅伝

もちゃんです。(@blokore

2019年11月24日(日)に雨の降る仙台で、クイーンズ駅伝こと第39回全日本実業団対抗駅伝が行われました。さて今年はどこのティームが優勝を勝ち取ったのでしょうか?公式のサイトはこちらになります。

コースと区間数

1区(7.0km) 松島町文化観光交流館前 → 塩竃市地域活動支援センター前
2区(3.9km) 塩竃市地域活動支援センター前 → 塩竃市水道部前
3区(10.9km) 塩竃市水道部前 → 富士化学工業前
4区(3.6km) 富士化学工業前 → 聖和学園高等学校前
5区(10.0km) 聖和学園高等学校前 → 仙台第二高等学校前
6区(6.795km) 仙台第二高等学校前 → 弘進ゴム アスリートパーク仙台

大会結果

1位JP日本郵政G2:15:10
2位ダイハツ2:15:15
3位パナソニック2:15:21
4位天満屋2:15:38
5位ワコール2:16:07
6位三井住友海上2:16:14
7位デンソー2:16:31
8位豊田自動織機2:16:34

区間賞

1区(7.0km)廣中 璃梨佳JP日本郵政G0:21:32区間新
2区(3.9km)山ノ内 みなみ京セラ0:12:06
3区(10.9km)堀 優花パナソニック0:34:36
4区(3.6km)Z.フーサンデンソー0:10:58
5区(10.0km)三宅 紗蘭天満屋0:32:33
6区(6.795km)吉本 ひかりダイハツ0:21:07

日本郵政Gの個人成績

1区(7.0km)廣中 璃梨佳0:21:32区間賞区間新
2区(3.9km)菅田 雅香0:12:14区間2位
3区(10.9km)鈴木 亜由子0:34:42区間2位
4区(3.6km)高橋 明日香0:11:50区間17位(IN区間)
5区(10.0km)大西 ひかり0:33:06区間4位
6区(6.795km)宇都宮 恵理0:21:46区間8位

感想

高校時代から私も知っている選手の廣中璃梨佳選手。大会当日誕生日を迎えた廣中選手を擁する日本郵政Gは6区間の内高卒ルーキーを4人も配置するオーダーとなりました。

1つ年上の田中希実(トヨタ自動織機TC)がドーハ世界陸上5000mで15分0秒の好記録を出したのも刺激になったとTVで言っていた廣中選手、終始積極的に集団を引っ張り従来の記録を18秒更新する区間新記録でのデビューとなりました。

1区で出来た貯金を大切に使っていった日本郵政Gは一度も首位を譲ることなく3年ぶり2度目の優勝を果たしました。

ルーキー4人を擁しての優勝。監督曰くまだ追い込む練習はやっていないとのことで、これからの伸びしろが期待されます。5区の大西選手の頑張って走ったのが大きいと個人的には思います。

また来年、この大会を楽しみにして待っていたいと思います。選手の皆さんお疲れさまでした。

コメント