STRIDER(ストライダー)って危なくない?

日記

こんにちわ。もちゃんです。
みなさんは、ストライダーってご存知ですか?
子供用のペダルのない自転車といったら分かりやすいでしょうか、自転車を乗る前段階に乗る遊具です。今回はコレについて話したいと思っています。

ストライダーってどんなんなの?

詳細はココに載っています。

2歳から5歳、子どものココロとカラダは大きく成長します。
そんな、遊び方の変化も激しい時期に、もっとも適した乗り物
それは三輪車や自転車ではなく、足で地面を蹴って進み
直感的にコントロールができるストライダー。
子どもには使いづらいペダルとブレーキを省き
走る・止まる・曲がるというコントロール性能と
シンプルでタフ、そして最も軽い独自構造を追及しました。
STRIDER®は、世界中150万人以上の子どもたちに愛されている
ただひとつのランニングバイクです。(公式より抜粋)

こういう遊具の代名詞とも言える、とても人気の商品です。
一般的なスペックは以下の通りです。

製品名:
ストライダークラシックモデル
重量:
2.9kg
価格:
10,900円+税
カラー:
全4色
グリーン・レッド・ブルー・ピンク
対象年齢:
2~5歳
体重制限:
27kg迄

私は大きな公園の近くに住んでおり、よく散歩に出かけます。
その公園では休日にはストライダーの大会なんかも開かれおり、非常に多くのストライダーを見かけます。スケートボーダーと一緒のところで遊んでいて、ひんやりする場面もよく見かけます。

安全性はどうか?

子供は、スポンジのように吸収が早く上達するのが予想以上に早いです。
上級者になるとよりスリルを求め傾斜のあるところを走りたがります。それは悪いことではないと思いますが、問題は事故る可能性が高くなってしまうことです。メーカーはメルメットの着用を推奨していおります。公園とかで実際に見ても、メルメットの着用率は高かったです。ただそれだけでは安全ではないといえます。

ブレーキは必要なんじゃなかろうか?

ブレーキは自身の足です。足と地面との摩擦で止まらなければなりません。
坂を結構なスピードで走る子供をよく見ます。それとおじさんの自転車との衝突しそうになっている場面もよく見ます。私もよく周りを見て歩く方ですが、轢かれかけたこともあります。ブレーキがないので制動距離が長くなってしまいます。下手をすれば、自身の足を怪我してしまう可能性もあります。ストライダーは自転車により早く乗れるようにするものですが、ブレーキが付いてたほうが、ブレーキの使い方も一緒に覚えることが出来るので、付いてたほうが良いと思います。

まとめ

ストライダーはとても人気の商品で、ランニングバイクの殆どがストライダーです。私の見た限り。そして親もしっかり監視しながら遊んでいます。ほったらかしで遊ばせている親はほとんどいません。メルメットもそう。しかし、危ない場面は全く無いかと言えば前述の通りそうではありません。

ストライダーは人気があり、ランニングバイクの代名詞ですが、親としてはストライダーの機能性についてもっとよく調べていただきたいと思います。ランニングバイクはストライダーだけではありません。他のランニングバイクも吟味して購入していただきたいと思います。

 

 

コメント