就職が決まったらそれで終わりじゃありません。就労移行支援のフォロー

こんにちわ。もちゃんです。
私は就労移行支援事業所経由で障害者枠で就職できました。
就職が決まればそれで就労移行支援事業所とのつながりは終わるわけではありません。
今回はコレについて話していきたいと思います。

定着支援とは?

就職が決まると、希望や期待がふくらむと共に不安もよぎるものです。「職場になじめるだろうか」「仕事はうまくやっていけるだろうか」という気持ちを抱えて新しい環境へ一歩踏み出します。

企業も同じような不安を抱えています。「ご本人が安心して働けるためにはどのような配慮をすべきか」「他の社員にはどのような説明をすべきか」「業務の指示の仕方はどうすべきか」などの相談を受けることもあります。労働者と企業双方の不安を解消していくサポートをおこなっています。(参照LITALICOワークス)

実際に何をするの?

入社してヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、1年、2年と支援員が職場に訪問して労働者側・企業側両方と面談を行います。その後、労働者と2人だけで突っ込んだお話をします。悩みごとはないか、企業側に要望はないか、嫌な人はいないかなど。

私も働き始めて1ヶ月経ったので、1ヶ月面談を行いました。来月もあります。1ヶ月なんてすぐですから、その度に企業の人事の時間を取るのはちょっと恐縮ですが、それだけしっかりフォローしているということなのです。

就労移行支援事業所に通わないとそういうのは受けられないの?

私は、就職が決まった時に都内にある障害者就労促進協会というところに行き障害者登録しました。そこでも、定着支援をやってくれるということですので、就労移行支援事業所の人と登録しに行きました。定着支援面談にも来てくれたので面談には就労移行支援員と障害者就労促進協会の人と2人来てくれました。

就労移行支援事業所に通わなくても、この障害者就労促進協会に登録すれば、就労移行支援事業所のようなサービスが受けられるみたいです。地元の障害者就労促進協会を調べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

定着面談があるのとないのとでは、入社後3ヶ月の離職率が随分と違うらしいです。正確な数値は忘れてしまいましたが。確かに、1ヶ月での面談でも、入社後の悩みとかをしゃべることが出来たり、就労移行支援事業所でできた友達の今も知ることができ、私も頑張らなきゃという気になりました。企業側にしてみればちょっとめんどいかもしれませんが、労働者側の定着面談のデメリットは無いと思います。一人で就職活動するよりもこういった社会資源をフルに活用して就職活動したほうが絶対によりよい所に就職できると思います。就労移行支援事業所、興味があったり入ってみたりしたいけどもう一歩進めない方には、体験入学と言うものがあるので(3日間)利用してみればよいかと思います。

コメント