ブレンドコーヒーとアメリカンの違い

日記

もちゃんです。
喫茶店には毎日行きます。喫茶店というかカフェですね。仕事前に。
そこで毎日無意識にブレンドのS(エス)下さいと言うのですが、ある客がアメリカン下さいって言ったので、えっと思ったのです。アメリカンて何?と。ということでみなさんに共有したいと思いました。

 ブレンドコーヒーとは

コーヒー豆はモカやコロンビア・キリマンジャロ・ブルーマウンテン等様々な種類があります。ブレンドコーヒーのブレンド=混合させるという意味通り、複数の豆とブレンドさせて淹れたコーヒーのことを差すようです。味のバランスなどを考えて作られるようで、最大5種類もの豆をブレンドさせるのもあるようです。なので各社同じブレンドをいう単語で注文してもその店オリジナルのブレンドで淹れてるようですね。お店によっては本日のコーヒーと言って日替わりでブレンドコーヒー楽しめるお店もあるようです。
ちなみに一種類だけの豆で淹れたコーヒーはストレートというらしいです。

アメリカンコーヒーとは

一般的なイメージでは、アメリカンコーヒーはブレンドを水で薄めたものというイメージです。が、実際は違うようですね。
コーヒー豆を浅煎り(シナモンローストと呼ばれる浅煎り豆)で焙煎し抽出した色が薄めのコーヒーで、日本での呼称らしいです。アメリカンコーヒーもブレンドコーヒーが多い様です。

焙煎(ロースト)という単語が出てきました。コーヒーの生豆を炒る加熱作業のことで、豆に含まれる成分が化学変化を起こし、揮発性の素晴らしい香りや、苦味、酸味、甘味といったコーヒー独特の風味が生まれます。焙煎時間や熱のかけ方の違いによって、コーヒー豆には浅炒り・中炒り・深炒りといった焙煎の度合いが生じ、コーヒーの風味が大きく変化します。

ライトロースト・・・一般に飲まれることはほとんどない。
シナモンロースト・・・ポピュラーな浅煎りで、強い酸味とこうばしい香りが楽しめ、ブルーマウンテンのような高品質の豆であるほど、切れのある酸味が味わえます。
ミディアムロースト・・・まろやかな酸味に加え、コーヒーらしい香りと苦味が楽しめる。
ハイロースト・・・酸味に程よく調和した苦みが出てくるようなバランスの取れたコーヒーが味わえる。
シティロースト・・・喫茶店や家庭などで最も需要の多いロースト。酸味より苦みが強く、やや焦げ臭い。
フルシティロースト・・・酸味がなくなり、焦げ臭さも強くなる。炭火焼コーヒーと同じ程度の焙煎度。
フレンチロースト・・・苦みがかなり強く、豆色は少し黒味を帯びてくる。
イタリアンロースト・・・苦味が相当強く、好きな人は苦味を味わえるロースト。豆の表面に油脂成分が浮いてくる。

下に行くほど焙煎度が高くなり、苦味が増してきます。

感想

ブレンドとアメリカンの違いがわかりました。
私は本日のコーヒーをブレンドといって注文してましたが、間違ってはいないようですね。
焙煎の種類8種類のロースト加減があるのはしりませんでした。
現在全世界で栽培されているコーヒー豆の種類は、およそ200種類を超えると言われています。それに加えてブレンド具合で味が違ってくるので数万種類作れるのではないでしょうか。コーヒーは奥が深いですね。

コメント