【2017年】箱根駅伝 復路を観戦して

マラソン・駅伝

もちゃんです。
昨日に引き続き箱根駅伝の復路をTVで観戦してたので
思ったことを書いていきたいと思います。

総合結果

1位 青山学院大学 11:04:10
2位 東洋大学 11:11:31
3位 早稲田大学 11:12:26
4位 順天堂大学 11:12:42
5位 神奈川大学 11:14:59
6位 中央学院大学 11:15:25
7位 日本体育大学 11:15:39
8位 法政大学 11:15:56
9位 駒澤大学 11:16:13
10位 東海大学 11:17:00
11位 帝京大学 11:20:24
12位 創価大学 11:20:37
13位 大東文化大学 11:23:45
14位 拓殖大学 11:24:22
15位 上武大学 11:24:45
16位 國學院大學 11:28:45
17位 山梨学院大学 11:29:17
18位 明治大学 11:29:17
19位 日本大学 11:30:38
OP 関東学生連合 11:31:29参考
20位 国士舘大学 11:49:18

復路内容要約

6区の小野田勇次(2年)が復路スタート時には33秒差だった2位・早稲田大との差を一気に2分8秒まで広げる。7区の田村は、早稲田大の井戸浩貴(4年)に1分21秒差まで縮められるが、8区の下田が区間賞の快走で再び差を広げた。9区の池田生成(4年)、10区の安藤悠哉 (4年)も差を広げ、3連覇の偉業を達成した。

感想

青山学院大学3連覇3冠おめでとうございます。
7区の田村選手が残り4キロの所で脱水症状を起こしてペースダウンした時は、早稲田大学追いつけば面白い展開になるなぁと思ってたのですが、直後の8区下田選手がきっちり自分の走りをして区間賞で勝負を決定的なものにしました。ここで決まりましたね。

6区では日体大の秋山選手が2年連続区間新記録を出し、シード権取得の流れを作ったり東洋大学が着実に上げていって2位でまとめたりと見ごたえのある復路でした。
注目の東海大学は、1年生が箱根の洗礼を受けた感じですね。7区石橋の上級生最後の箱根の区間賞も素晴らしかったです。その後を春日・川端・林と繋いで見事シード権をゲット。来年再来年が楽しみなチームですね。
今年も正月が終わった感じです。選手のみなさんお疲れ様でした。

 

 

 

 

コメント