【2017年】箱根駅伝 往路を観戦して

マラソン・駅伝

もちゃんです。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年もやってきました、東京箱根間往復大学駅伝競走。
今回で93回目です。
一日中TVの前で観戦してた私。
思ったことをつらつらと書いていきたいと思います。

往路はどこが優勝したの?

往路結果

1位 青山学院大学5:33:45
2位 早稲田大学 5:34:18
3位 順天堂大学 5:36:09
4位 東洋大学 5:36:25
5位 駒澤大学 5:37:46
6位 神奈川大学 5:38:11
7位 中央学院大学5:38:20
8位 上武大学 5:39:13
9位 創価大学 5:39:25
10位日本大学 5:39:55

大会内容要約

青山学院は1区の梶谷瑠哉(2年)が首位から4秒差の好位置で2区のエース一色恭志(4年)に渡すも、首位の神奈川大学の鈴木 健吾(3年)に38秒差を付けられて3区にタスキを渡しました。3区は青山学院の秋山雄飛(4年)が2年連続区間賞の走りで首位に立ち中継所では2位の早稲田大学に01分22秒差を付けます。4区は首位は変わらず2位に01分29秒差に広げます。
往路最終区の5区では早稲田大学の安井雄一(3年)が区間4位の快走で首位青山学院との差を33秒差まで詰めてフィニッシュとなりました。

感想

青山学院優勝おめでとうございます。
しかし、思ったより2位との差が広げられなくて復路が楽しみですね。
エースの一色が思ったより調子が悪かったみたいでした。
5区で今までの貯金が33秒差までに減らされたわけですが、見てる方にとっては面白い展開ですね。早稲田大学は復路にいい感じで繋げたので楽しみですね。

注目校の東海大学は1区鬼塚選手が頑張って2位で渡したのですが、2区の關選手がズルズルを抜かれるとその流れで順位を下げていったという感じですね。しかし5区の選手も前半は頑張ってチャレンジしてたので、来年に繋がったと思います。

まだまだ決定的な差ではないので青山学院はまだ安心出来ませんね。
4位の東洋まで2分40秒差なのでそこまでは優勝のチャンスがあると思います。アクシデント等が発生すれば。

さぁ、明日ですが青山学院はまだ下田・田村選手をまだ使っていません。6区には昨年区間2位を取った小野田選手が控えております。層が厚いです。早稲田大学には是非頑張って欲しいですね。

 

コメント