年末大掃除の由来

日記

もちゃんです。

今日は大掃除をやりました。
年末に大掃除、一般化してますよね。
私は毎週掃除しているので、大掃除といってもそんなにすることはないです。いや、冷蔵庫の裏とか、洗濯機の裏とかどかして掃除しましたね。嘘つきました。
みなさんは大掃除に由来はご存知ですか?

平安時代の宮中の「すす払い」から

「煤払い」は「煤掃き」ともいわれ、正月を迎えるにあたって、12月13日に家の内外を大掃除することをいいます。 この煤払いが、12月13日に行われる予定になったのは、その日が正月の「事始め(ことはじめ)」といって、正月の準備を始める日であったことにちなむといわれています。 そもそも煤払いとは、単なる掃除ではなく、年神さま(歳徳神(としとくじん)ともいわれ、新しい年の五穀の豊作を約束してくれる神さま)をまつる準備のための、宗教的な行事でした。 13日に煤払いを済ませてしまうと、正月までにはまだ日数があるために、この日は神棚と仏壇の掃除のみを行い、家の内外の掃除は、それ以降の適当な日に行っていたようです。 これがやがて、暮れの大掃除という形になっていったのですが、現在では宗教的意味合いはすっかり失われてしまいました。

神社と神道さんより

感想

正月の事始めとよばれる12月13日に煤払いと言って、よくお寺の大仏を掃除してるのがニュースになってましたが、それが暮れの大掃除の由来だったのですね。初めて知りました。
これを調べていくうちに、海外はどうなんだろうって調べたら、欧米ではスプリング・クリーニングと言って春に大掃除やるみたいですね。暖かくなってから窓を開けて掃除するのは合理的でいいですよね。中国では旧正月(春節)に行うそうです。時期は違いますが、日本人なら一年の終わりに掃除して、新年をきれいなは部屋で向かえたいですよね。

 

 

 

 

コメント