【私の未来】GWに帰省して思ったこと【不透明】

日記

こんにちわ、もちゃんです。
もちゃんは40代なのですが、40代になり早速40肩に悩まされ体にガタが来ております。未来についても親のこと、自分の体のこと、お金のことなど心配がつきません。
GWに帰省したのですが、その時に思ったことなどを自分のためにメモにして残しておこうと思ったわけであります。

人生における40代とは

今は人生100年とか言っていますが、実際は大体80年ぐらいで寿命がきます。となると40歳は人生の折り返し地点となります。体感スピードは前半の40歳よりも遥かに早く感じます。老いは自分だけでなく当然親も同じで、場合によっては親の介護も必要になってきます。老後の資金づくりもこのあたりから考え出さないといけません。

40代のうちにやっておくべきこと(自分の場合)

  • 運動をやる
  • 老後の資金づくり
  • 親との会話

運動は心身の健康維持のため、基礎体力をこの時期からやっておきたいところです。現在私はダイエット中ですので、一日10000歩歩くようにしています。ランニングも取り入れてはいますが現在は主にウォーキングです。
老後の資金づくりについては、私には嫁さんも子供もいないので、既婚者よりは幾分経済的負担が少なくて済みますが、低所得のためなんにも考えていません。今生きるので精一杯です。
親との会話は、日常会話はもちろんですが、もっと突っ込んだ相続の話などをしなくてはいけないと思いました。今まで一切相続についての話をしていないので、いつかは話をしなくちゃいけないと思っています。みなさんはここん所はちゃんと話ししているのでしょうか?是非他の人のお話を聞いてみたいです。

感想

社会的弱者の私が偉そうに40代にすべき事を書きましたが、これは自分のメモ用として書いています。先のGWに帰省をしたのですが、母は病気で入院・家には父が一人で雑用や家事をやっていました。親もあと10年生きれるかどうかの年齢になってきたので、できるだけ帰省できるときは帰省して親と会話していきたいと思いました。3つぐらいしか思い浮かびませんでしたが、既婚者や子供のいる方はもっとやるべきことがあるので大変だなぁと思うと同時に尊敬します。自分のことで精一杯の時期もありますが、此処から先は親のこともちょっとは考えながら生活していかなければならないなぁと帰省して思いました。

 

コメント