【ヘビースモーカー】禁煙していた頃について

ダイエット

こんにちわ。絶賛ダイエット中のもちゃんであります。
毎日の運動を今の所欠かさず続けております。そのかいあってか、順調に体重が減り続けています。
今現在ダイエット中なのですが、過去にも自分に試練を与えてた時期がありました。そう「禁煙」です。今回は、その頃についてつらつらと書いていきたいと思います。

ヘビースモーカーでした。

それまでもちゃんは、一日平均2箱の赤マルボロ大好きなヘビースモーカーでした。喫煙のきっかけは、ただかっこいいから。そんな軽い理由で吸い始めました。そこからタバコ中毒になるのに時間はかかりませんでした。日に日に吸う本数が増え、一日2箱になっていました。社会人になり、一時間に一回は喫煙休憩をしていた記憶があります。(今思えばある意味良い時代ですね)

禁煙のきっかけと実行したこと

喫煙歴10年目にある日、この先一生タバコの奴隷になるのかと嫌気が差しその日からきっぱり辞めることを決意したのです。もちゃんがやったことは、タバコ代をスポーツジム代にして物理的にタバコを買えなくしてみました。無い袖は振れません。不健康から一転健康へと一発逆転を狙ったのです。最初の数日は食後にこれから一生タバコ吸えないのかぁとか思っていたのですが、運動して汗をかくとそのストレスが発散されて2ヶ月も経つとそういう事を考えなくうなりました。禁煙に加えて体の方も健康になり一石二鳥でした。こうして禁煙大作戦は成功したのでした。

タバコを辞めてよかったこと

・タバコを吸わなくても良い
・タバコ代が浮く
・臭くない(口臭・服等)
・吸うための時間が浮く(無駄な時間を取らなくて済む)
・自分に自信がつく(タバコを辞めたんだぞっていう優越感)
・部屋の空気がきれい
・肌の調子が良い

タバコを辞めてのデメリット

・喫煙者のタバコの煙・匂い・ポイ捨てが許せない

まとめ

今は喫煙者にとって世知辛い世の中になっていますが、コレは、今後も続くと思います。特に東京オリンピックがあるのでもっと厳しくなっていくでしょう。(喫煙場所の減少・タバコの価格高騰等)

そういうのを考えると、禁煙の道しか残っていないような気がします。
今この瞬間より早い時間はありません、喫煙者みなさん、思い切って禁煙してみたらいかがでしょうか。

 

 

コメント