【2018】第94回東京箱根間往復大学駅伝競走【復路リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。箱根駅伝終わっちゃいましたね。箱根駅伝が終わるとお正月の終わりを感じます。今年も面白かったですね。総合結果をまとめてみたいと思います。公式の結果はココです。

総合結果

01位 青山学院大学 10:57:39
02位 東洋大学   11:02:32 04:53
03位 早稲田大学  11:09:09 11:30
04位 日本体育大学 11:09:28 11:49
05位 東海大学   11:10:09 12:30
06位 法政大学   11:10:20 12:41
07位 城西大学   11:12:12 14:33
08位 拓殖大学   11:12:32 14:53
09位 帝京大学   11:13:26 15:47
10位 中央学院大学 11:14:25 16:46
—シード権—
11位 順天堂大学  11:14:39 17:00

区間順位(復路)

06区 小野田勇次(青山学院) 58分03秒
07区 林  奎介(青山学院) 62分16秒(区間新
08区 下田 裕太(青山学院) 64分46秒
09区 清水 歓太(早稲田大) 70分39秒
10区 小笹  椋(東洋大学) 71分08秒

青山学院大学の個人成績

<往路>
01区 鈴木塁人(2年) 区間5位
02区 森田歩希(3年) 区間1位
03区 田村和希(4年) 区間2位
04区 梶谷瑠哉(3年) 区間9位
05区 竹石尚人(2年) 区間5位
<復路>
06区 小野田勇次(3年) 区間1位
07区 林奎介  (3年) 区間1位(区間新)
08区 下田裕太 (4年) 区間1位
09区 近藤修一郎(4年) 区間9位
10区 橋間 貴弥(3年) 区間2位

感想

青山学院大学の皆さん、4連覇で優勝おめでとうございます。圧倒的な勝利でしたね。復路は36秒遅れてスタートして、ゴール時は逆に東洋大学に4分53秒差を付けたってことは復路だけで5分以上の差を付けたことになります。6区小野田選手・8区下田選手だけではなく、7区の林選手も区間1位、しかもあの設楽悠太選手の記録を破る区間新の快走、3区間連続区間賞で勝負が決まりました。林選手は金栗杯獲得でニューヒーローの誕生です。本人の実力ももちろんあると思いますが、首位で走るっていうアドバンテージと言うのは大きいんだなぁと思いました。青山学院は、毎年新しい人材が出てきますし、今回は出ていないですが活きの良いルーキーもいますので層が厚いですね。オーダーを見るとわかるのですが来年も7人のメンバーが残るので来年も優勝候補になると思います。が、それはライバルの東洋大・東海大にも言えることなので早くも来年の箱根駅伝も楽しみになってきました。選手の皆さんはゆっくり休んでください。ご苦労様でした。

コメント