【2018】第94回東京箱根間往復大学駅伝競走【往路リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。
いよいよ始まりました、新春の楽しみである第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)。往路の結果をまとめて思ったことなんかを書いていきたいと思います。公式の結果はココです。

往路結果

1位 東洋大学   総合タイム:5:28:29

2位 青山学院大学 総合タイム:5:29:05
1位との差:00:36 / タイム差:00:36

3位 早稲田大学  総合タイム:5:30:25
1位との差:01:56 / タイム差:01:20

4位 拓殖大学   総合タイム:5:33:05
1位との差:04:36 / タイム差:02:40

5位 法政大学   総合タイム:5:33:06
1位との差:04:37 / タイム差:00:01

6位 城西大学   総合タイム:5:33:19
1位との差:04:50 / タイム差:00:13

7位 日本体育大学 総合タイム:5:33:47
1位との差:05:18 / タイム差:00:28

8位 順天堂大学  総合タイム:5:33:54
1位との差:05:25 / タイム差:00:07

9位 東海大学   総合タイム:5:34:09
1位との差:05:40 / タイム差:00:15

10位 中央大学   総合タイム:5:34:18
1位との差:05:49 / タイム差:00:09

区間順位(往路)

1区 西山和弥 (東洋大学)   62分16秒
2区 森田歩稀 (青山学院)   67分15秒
Dニャイロ(山梨学院) 67分15秒
3区 山本修二 (東洋大学)   62分17秒
4区 大塚 倭(神奈川大学)   62分21秒
5区 青木涼真(法政大学)    71分45秒

東洋大学の個人成績

1区 西山和弥(1年)  区間1位
2区 相澤晃 (2年)  区間3位
3区 山本修二(3年)  区間1位
4区 吉川洋次(1年)  区間2位
5区 田中龍誠(1年)  区間9位

感想

東洋大学、頑張りましたね。注目はしていたのですが往路優勝までは思っても見ませんでした。1区の西山選手がベストな流れを作り、その後の選手もその流れに乗っていきました。5区に関しては9位と数字的にはアレですが、1年生ですし十分頑張ったと思います。正直往路優勝は見ていて青学だと思っていたので。

青山学院大学は、36秒差と射程圏内、計算通りのレース展開だと思います。6区には小野田が、8区には下田が控えています。これは青山学院の4連覇が固いような気がします。がコレは誰もが予想していることですので、なんとか東洋大学には逃げてほしいと思います。

また、絶好の位置で往路を終えた、拓殖・法政・城西大学は今の位置をできるだけキープして行きたい所。逆に東海大学は復路も強力な上級生が控えていますので、できるだけ上位に食い込みたいところです。このような入賞争い・シード権争いも復路の見どころだと思います。

コメント