【男子女子】男子女子マラソン【同日開催】

趣味

こんにちわ。もちゃんです。
いよいよ男子マラソン・女子マラソンが開催されます。
約10キロのコースを4周してタワー・ブリッジをスタート・ゴールになっている今大会のマラソン。展望なんかを書いていきたいと思います

現地は20℃だそうです

東京にというか、日本に比べると涼しい感じもしますが、マラソン選手にとっては暑いです。しかし日本よりはマシ。東京オリンピックは早朝にやるっていう噂もありますがそれでも地獄でしょうね。そんなことはさておき、記事書いている途中でスタートしました。

日本選手頑張れ!

川内選手は調整がうまく行っているらしく、好調なようです。終始先頭グループにしがみついて持ち前の粘りでなるべく脱落しないレースをしてほしいです。
中本選手はロンドンオリンピックでこのコースを走って入賞しています。このコースは市街地では急に細くなったり急カーブがあったりで走りにくそうなコースですね。その点このコースを走った経験のある中本選手はその辺を考えて走れるので有利なのかもしれません。井上選手選手は2月の東京マラソンで好記録を出して選ばれた選手ですが、まだ若いですので今後の糧になるようなレースを経験してほしいです。

見どころは30キロ以降の12キロ

30キロまでをいかに体力・足を残して走るのかが勝負になると思います。それまでは目立たずにじっとしている選手が勝つと思います。日本の選手では中本選手がそういうタイプですのでメダルを狙ってほしいですが、落ちてくる選手を拾う感じで入賞ってところでしょうか。

女子は清田真央(スズキ浜松AC)安藤友香(スズキ浜松AC)が楽しみ

女子は清田真央(スズキ浜松AC)、安藤友香(スズキ浜松AC)の2人が楽しみです。フォームに特徴があり腕を振らない忍者走りと言われています。安藤選手は愛知の豊川高校のエースで有名でしたが、就職後怪我でなかなか目が出ず、現在のスズキに移籍して初マラソンで目が出た選手です。一方の清田選手は愛知の中京大中京で全国レベルでしたが安藤選手に比べたら地味な選手でした。が相乗効果で力を付けてきました。男子も楽しみですが、どちらかと言うと女子の方が、楽しみにしています。2人共23歳と若いので思い切ったレースをしてほしいです。

コメント