【ファラー】世界陸上10000m結果【3連覇】

マラソン・駅伝

こんにちわ。もちゃんです。
今回は今日の早朝に行われた世界陸上男子10000m決勝について書いていきたいと思います。

モハメド・ファラーの3連覇

結果はモハメド・ファラー選手が見事世界陸上10000m3連覇を成し遂げました。6年世界のトップに居るってことになりますが、凄いことですよね。序盤の方は、ケニア・エチオピア・ウガンダ勢が引っ張る中、後方に位置して観客を煽りw、中盤から終盤にかけてトップ集団に入り始めるとまた煽りを入れていました。地元開催ですから負けれないのに凄いですね。一キロのラップタイムを測ってみました。

1k 2’42”
2k 2’46”
3k 2’43”
4k 2’42”
5k 2’42”  13’33”
6k 2’42”
7k 2’44”
8k 2’38”
9k 2’39”
10k 2’28”

以下結果になります。

感想

モハメド・ファラー選手強いですね。次は5000mの予選がありますが、(8月10日(木)早朝4時頃)2015年大会は5000mと10000mの2冠でしたが今回も2冠で有終の美を飾ってほしいですね。

今大会の10000mの結果ですが、3位と4位の選手、ポール・タヌイ選手(九電工)とビダン・カロキ選手(DeNA)は日本企業に所属しています。駅伝なんかでおなじみの選手ですよね。そんな選手が世界陸上でもうちょっとで優勝できる位置にいるってことが日本人としてちょっと誇らしいです。全然関係ないんですが。

モハメド・ファラー選手は今大会でトラック競技から引退してマラソンに本格参入するとのことですが、どのぐらいのタイムで走るのでしょうか、今から楽しみです。

コメント