【無料】いらないノートPCを引き取ってもらった話【断捨離】

日記

もちゃんです。
先日うちのPCを(ノートPC2台)windows10導入に伴って、いらないノートPCが出てきちゃいました。PCを処分したいのにどうしたらいいのか分からないもちゃん。いろいろ調べてみたので残しておこうと思いました。

PCの処分にはお金がかかる?!

PCや関連機器を粗大ごみとして捨てるにはお金がかかります。2003年に施行された現行の「資源有効利用促進法」(PCリサイクル法)により、廃棄には製品分類に応じて3000~7000円の処分費がかかるようです。また、中古販売店などに持ち込む場合も、動かないものや破損したものは有料引き取りになるケースが多いです。(IT media newsより)

これを見たもちゃんは、正直物を捨てるのにお金は払いたくないと思いました。でもこのご時世仕方がないのかなぁと、お金を払うのは今どきは当たり前なんだと思いなおしました。

「PCを捨てたい 無料」で検索してみたら、、、

やっぱりお金は払いたくないもちゃん、「PCを捨てたい 無料」で検索してみたところ、なにやら無料で引き取ってくれる企業が複数出てきましたよ。これはどういうことなんでしょうかと詳しくしらべてみると以下のことが分かりました。

  • PC回収業者は、回収したPCを直販サイトほか実店舗で中古販売を行っている。
  • 状態の悪いものや古すぎるPCに関しては、部品単位でリサイクル販売する。
  • 古すぎるモデルは部品から金属やプラスチックなどを摘出してリサイクルに回す。
  • 基盤やCPUに含まれる金・銀・銅やレアメタルを外部業者に販売する。

上記のことで、無料で引き取てくれている民間業者は利益を得ていることが分かりました。

個人情報の塊のHDDの処理

再利用できそうな容量の多いHDDは一つ一つ手作業でフォーマットして再利用しているらしいです。そのほか容量の少ないものや古いものは物理的に破壊してリサイクルに回しているようです。

もちゃんが実際に使った企業はここです。

パソコン処分.com


ココです。引き取り業者によっては、無料と謳っていても状態の悪いPCの場合は有料です。みたいな所もありました。私の処分したいPCは、ヒンジのところが壊れているので状態の悪い㍶に当てはまります。ところがパソコン処分.comさんでは、クロネコヤマトの宅急便で着払いで送ればすべて無料ということでしたので(2018年8月31日発送分まで)今回利用させていただくことにしました。

感想

自分で用意するものといえば、PCを送るための段ボールぐらいですね。あとは、コンビニでクロネコヤマトの着払いの伝票を貰ってきて宛先を書くだけです。クロネコヤマトの伝票はローソンでは扱っていないので注意してください。宛先は上記のパソコン処分.comさんのHPに書いてあります。ということで、私は無料であっさりとPCの処分をすることができました。私はHDDの処分は、自分でやったほうが確実だと思ったので、自分でやりました。初心者なのでググりました。でも、簡単にできます。みなさんも業者に任せるのはちょっとって方はやってみてください。

 

 

 

 

コメント