【メルカリデビュー】おじさんが初めてメルカリに出品してみた【意外と簡単】

日記

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

TVCMもばんばんに流れていますフリマアプリのメルカリ。今はや8人に1人がやってるそうですよ。(CMより)

今回は、スマホの操作もおぼつかないおじさんが、初めて出品したので感想がてら、つらつら書いていきたいと思います。

メルカリの第一印象は、素性の知らない人と交渉するのがめんどいなぁというのが一番最初に来ます。

それに我が家には、他人様に売れるような価値のあるものが無いので、縁が無いものだと思っていました。

ですが、こんなゴミでも売れちゃうんだ?!という驚きと発見が今回ありました。

スポンサーリンク

出品から発送までの流れ。

まずは、メルカリのアプリをスマホへインストール。操作のおぼつかないおじさんでもインストールぐらいはサクッとできますよ。

TVCMで流れていたので、出品までの流れは大体把握してました。

出品物の写真を撮り→テンプレートに写真を入れ→商品名・状態等を書いて→発送費用を誰が持つか、どこの発送サービスを使うか、売値を記入→出品ボタンをクリック。以上。

ここまでは、10分ぐらいで出来ました。

スマホで長文を書くのがしんどいので、写真挿入した後下書き保存をし、以降作業はパソコンでやり作業効率を高めます。

【apple】ipodtouch(第6世代)のバッテリーが膨らんできたので、、、【悲報】
私のお散歩のお供である、ipodtouch(第6世代)。 元々は中古で購入したものなんですが、毎日毎日お世話になっております。 中古で購入したので、バッテリーの劣化が激しくバッテリーの交換もしたりして今では快適に使っていました。

あ、今回出品するモノですが、愛用していたipodtouchです。バッテリーの膨らんだあの現状のままの出品となります。

落札された後の行動

問題はココからです。無事に落札された後の行動が全く知らないので不安でしたが、そこはメルカリ、分かりやすいようにアプリが誘導してくれました。

落札されれば、次は発送です。私は近くに郵便局があるのでゆうゆうメルカリ便のゆうパケットをチョイスしました。

ipodtouch本体のみですので、プチプチを100円ショップで購入して、グルグル巻きにして送りました。

落札者の宛名書きはどうするの?って話ですが、アプリが発行するQRコードを郵便局の読取機械かざせば自動的に宛名ラベルが発行されます。

勿論お互いの名前や住所は分かりません。プライバシー配達に対応しています。

今や全国の郵便局にこの読み取り機械があるようです。

これは画期的でびっくりしてしまいました。それを貼って送るだけです。送料は落札額から引かれて取引終了後に送金されます。

これが全体的な取引の流れです。取引終了後にメルカリは落札額の10%を取っていきます。

感想

意外と簡単だったなぁというのが感想です。

アプリが誘導してくれますから、一つ一つ従っていけば大丈夫です。

需要があるものなら、私が今回出品したipodtouchのようなジャンク品でも買い手が付きます。

出品をすると、購入希望者から大幅な値下げ交渉とか面倒なことを言ってくる人がいますが、対応は基本無視で良いと思います。そういう客と取引をするとクレーマー気質な人が多いからです。これは私の今までの人生経験で得た教訓です。値下げ交渉をしない値段でさっと購入してくれた人と取引をしましょう。

自分で発送するのが、めんどいって方もいるでしょうが、いらないものを処分できるので多少面倒でもやります。この際にと、いらないものや使わないものを出品して処分しました。断捨離できてよかったです。

100円ショップには梱包に必要なプチプチとか必要なものが売っているので重宝します。なので100円ショップを利用しましょう。

ipodtouchの気になる利益ですが、2000円で落札されました。そこからメルカリの手数料の落札額の10%が引かれ、さらに送料で200円かかったので、1600円の利益となりました。普通だったら捨てるしかないジャンク品がお金にかわりました。

梱包・発送作業がちょっと面倒ですが、今回メルカリをやってみていらない物も処分出来て、それなりの金額をgetできたので、いい社会経験になったと思いました。

コメント