【徹底検証】きのこの山と大人のきのこの山の比較してみた




もちゃんです。
もうすぐバレンタインデーですね。なので
今日は、普通のきのこの山と大人のきのこの山の比較をしてみたいと思います。
気分的にきのこの山にしたので別にたけのこの里が嫌いではありません。
公式はココです。

これです

出たー!長年愛されているこのパッケージデザイン。なんできのこ何でしょうか。ほんと謎です。今までの人生で30箱は買ったと思います。

30個ぴったり入っていました。結構多いですね。柴犬みたいな色をしてますね(謎)

出たー!大人な感じ!

21個入っていました。見た目はプリッツェル(ビスケット)が黒いよく焼き込んでる感じですね。チョコもカカオが多いせいか黒いですよね。大人な感じではあります(謎)

てっぺんの部分とその他の部分でチョコが違うんですね。そして定番のサクサククラッカー。

プレッツェル(ビスケット)が香ばしいですね。カリッカリです。
チョコの部分はカカオの分量が多いのかビターな感じです。

感想

きのこの山は、チョコがミルクチョコレートで比較的柔らかくクラッカーもサクサクなので30個一気に食べれました。対して大人なきのこの山は、分量が少ないですが、一個一個が濃厚なのでコレぐらい(21個)で十分です。これ以上は胸焼け起こしそうです。プリッツェルが固くて結構な力が入ります。子供だと乳歯が持ってかれそうになりますね。一番理想なのは、チョコがミルクチョコでプリッツェルっていう中間が一番好きかもです。チョコはミルクチョコのほうが好きです。チョコな感じがして。みなさんもバレンタインなので食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

関連記事広告






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする