【2019】熊日30キロロードレース【リザルト】

マラソン・駅伝
片西選手

だんだん暖かっくなって来たような気がしてなりません、

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

今回は2019年2月17日に行われた、金栗記念熊日30キロロードレースが行われました。そのリザルトを書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

片西選手

大会結果

1位: 片西 景(東京都・駒沢大4年):1時間29分34秒   学生歴代2位
2位: 吉田 圭太(広島県・青学大2年):1時間29分47秒 学生歴代3位タイ
3位: 湊谷 春紀(秋田県・東海大4年):1時間30分00秒 学生歴代5位
4位: 聞谷 賢人(愛知県・豊田紡織):1時間30分04秒
5位: 吉田 亮壱(福岡県・九電工) :1時間30分04秒
6位: 秋山 清仁(愛知県・愛知製鋼):1時間30分24秒
7位: 湯澤 舜(長野県・東海大4年):1時間30分37秒
8位: 西澤 卓弥(愛知県・トーエネック):1時間31分37秒

感想

駒沢大学4年の片西景選手、優勝おめでとうございます。学生歴代2位の記録での好走、素晴らしいです。ちなみに学生歴代1位は2014年に東洋大の服部勇馬選手が出した1時間28分52秒です。ちょっと学生歴代1位の記録は抜けていますね。片西選手は、4月からJR東日本に就職予定ですので、マラソンに挑戦するのでしょう。東京五輪は間に合いませんが、今後注目していきたいと思います。

2位の青学の吉田圭太選手も好記録での学生歴代3位タイ記録。ちなみに学生歴代3位は2人いて、吉田選手と同じ青学4年の林選手。吉田選手はまだ2年生ですから、これからの箱根駅伝を引っ張っていく存在になってほしいですね。同じ学年である東洋の西山選手と切磋琢磨してほしいです。

3位の湊谷選手は長い距離の方が合うようですね。4月からはDeNAに就職予定らしいのでマラソンに挑戦するでしょう。この選手も今後注目していきたいと思います。

学生が好記録で結果を出したのは、気持ちが良いですね。箱根駅伝からゆっくり休息する暇もなくレース続きだったので、ここいらでレースは終わり落ち着くのではないでしょうか。特に青学の吉田選手は去年の出雲駅伝からずっと安定して、外したレースはないのでゆっくり休んでほしいですね。

コメント