【2020年】全国高校駅伝が12月20日(日)に開催されます。【予想展望】

マラソン・駅伝予想展望

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2020年12月20日(日)京都にて、男子第71回・女子第32回全国高等学校駅伝競走大会が開催されます。

今回は、その予想や注目校・注目選手なんかをさらさらっと書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

全国高校駅伝とはどんな大会なの?

師走の風物詩と言ったらこれ!でお馴染みの全国高校駅伝。

今年で男子は71回、女子は32回の歴史のある大会です。
毎年暮れのクリスマスの週あたりの日曜日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場で開催されます。全国各都道府県47代表が参加します。女子は10:20、男子は12:30スタートです。

女子の部はマラソンの半分(ハーフマラソン)の21.0975kmを5人で、男子の部はフルマラソンと同じ42.195kmを7人で繋ぎます。

コースと区間距離

女子 21.0975km 5区間
第1区 6km(西京極陸上競技場~平野神社前)
第2区 4.0975km(平野神社前~烏丸鞍馬口)
第3区 3km(烏丸鞍馬口~室町小学校前折返し~北大路船岡山)
第4区 3km(北大路船岡山~西大路下立売)
第5区 5km(西大路下立売~西京極陸上競技場)

 

男子 42.195km 7区間
第1区 10km(西京極陸上競技場~烏丸鞍馬口)
第2区 3km(烏丸鞍馬口~丸太町河原町)
第3区 8.1075km(丸太町河原町~国際会館前)
第4区 8.0875km(国際会館前~丸太町寺町)
第5区 3km(丸太町寺町~烏丸紫明)
第6区 5km(烏丸紫明~西大路下立売)
第7区 5km(西大路下立売~西京極陸上競技場)

出場校 女子

北海道 旭川龍谷 9年連続9回目
青森 青森山田 28年連続28回目
岩手 盛岡誠桜 14年連続14回目
宮城 仙台育英 29年連続29回目
秋田 秋田北鷹 2年連続9回目
山形 山形城北 3年連続29回目
福島 学法石川 8年連続8回目
茨城 茨城キリスト 2年ぶり23回目
栃木 宇都宮文星女子 20年ぶり3回目
群馬 常磐 3年連続20回目
埼玉 昌平 4年連続4回目
千葉 成田 3年連続10回目
東京 錦城学園 3年連続3回目
神奈川 橘 初出場
山梨 山梨学院 12年連続20回目
新潟 新潟明訓 2年連続9回目
長野 長野東 14年連続14回目
富山 富山商 29年連続29回目
石川 星稜 2年連続12回目
福井 鯖江 2年連続6回目
静岡 常葉大菊川 2年連続8回目
愛知 安城学園 初出場
三重 津商 2年ぶり11回目
岐阜 美濃加茂 初出場
滋賀 比叡山 8年連続10回目
京都 立命館宇治 32年連続32回目
大阪 大阪薫英女学院 15年連続15回目
兵庫 須磨学園 3年連続25回目
奈良 智辯カレッジ 4年連続4回目
和歌山 智辯和歌山 初出場
鳥取 鳥取城北 2年連続3回目
島根 平田 10年連続12回目
岡山 興譲館 22年連続22回目
広島 世羅 15年連続15回目
山口 西京 4年連続29回目
香川 高松工芸 3年連続5回目
徳島 富岡東 15年ぶり9回目
愛媛 八幡浜 14年連続14回目
高知 山田 32年連続32回目
福岡 北九州市立 2年ぶり10回目
佐賀 白石 2年連続8回目
長崎 諫早 2年連続26回目
大分 大分東明 6年連続8回目
熊本 千原台 3年連続21回目
宮崎 小林 2年連続19回目
鹿児島 神村学園 5年連続27回目
沖縄 名護 4年連続10回目

出場校 男子

北海道 札幌山の手 2年連続12回目
青森 青森山田 5年連続26回目
岩手 一関学院 26年連続30回目
宮城 仙台育英 7年連続31回目
秋田 秋田工 8年連続26回目
山形 東海大山形 4年連続18回目
福島 学法石川 10年連続12回目
茨城 水城 12年連続15回目
栃木 那須拓陽 3年連続11回目
群馬 東農大二 2年連続29回目
埼玉 埼玉栄 4年連続40回目
千葉 八千代松陰 3年連続13回目
東京 國學院久我山 2年連続23回目
神奈川 相洋 初出場
山梨 山梨学院 10年連続20回目
新潟 中越 2年連続16回目
長野 佐久長聖 23年連続23回目
富山 高岡向陵 2年ぶり20回目
石川 遊学館 12年連続13回目
福井 敦賀気比 2年連続2回目
静岡 浜松商 4年ぶり17回目
愛知 豊川 7年連続8回目
三重 四日市工 2年連続18回目
岐阜 益田清風 13年ぶり5回目
滋賀 滋賀学園 3年連続13回目
京都 洛南 6年連続27回目
大阪 大阪 3年ぶり3回目
兵庫 須磨学園 2年連続7回目
奈良 智辯カレッジ 4年連続4回目
和歌山 智辯和歌山 2年連続2回目
鳥取 鳥取城北 6年連続7回目
島根 平田 初出場
岡山 倉敷 43年連続43回目
広島 世羅 17連続50回目
山口 西京 28年連続33回目
香川 小豆島中央 5年連続5回目
徳島 つるぎ 2年ぶり29回目
愛媛 宇和島東 5年ぶり8回目
高知 高知中央 初出場
福岡 大牟田 3年連続43回目
佐賀 鳥栖工 11年連続45回目
長崎 鎮西学院 3年ぶり15回目
大分 大分東明 10年連続19回目
熊本 九州学院 17年連続40回目
宮崎 小林 3年ぶり57回目
鹿児島 鹿児島実 2年連続51回目
沖縄 北山 2年連続9回目

去年の優勝校

仙台育英が男女ともに優勝しました。今年も上位に入ると思います。

女子は日本人のみで今回も挑むようですが、良い1年生も入ったので優勝は難しいと思いますが上位には食い込むと思います。

男子は1区の出来次第だと思います。いい流れを作ることができたら、留学生という大砲がいますので上位にあがってくるでしょう。

男子今季の5000m13分台(22人)

〔2020.12.6時点〕★=都大路出場校
01 13.34.74 石田 洸介(東農大二3群馬) 9.27★
02 13.36.57 伊藤 大志(佐久長聖3長野) 11.15★
※13.36.89  石田洸介 7.18
03 13.45.28 鶴川 正也(九州学院3熊本) 11.29★
04 13.48.59 徳丸 寛太(鹿児島実3鹿児島)10.11★
05 13.48.83 野村 昭夢(鹿児島城西3鹿児島) 11.29
06 13.48.89 山本 歩夢(自由ケ丘3福岡) 11.28
07 13.49.81 山口 智規(学法石川2福島) 11.29★
08 13.50.27 吉岡 大翔(佐久長聖1長野) 11.15★
09 13.50.31 佐藤 榛紀(四日市工3三重) 11.29★
※13.51.77  山口智規 11.15
10 13.53.36 佐藤 圭汰(洛南2京都) 11.29★
11 13.53.77 越  陽汰(佐久長聖3長野) 9.27★
12 13.54.88 尾崎 健斗(浜松商3静岡) 11.15★
※13.55.59  野村昭夢 11.14
13 13.55.74 太田 蒼生(大牟田3福岡) 11.14★
※13.56.31  山本歩夢 10.17
14 13.57.16 森下 翔太(世羅2広島) 10.17★
15 13.57.88 塩出 翔太(世羅2広島) 10.17★
16 13.58.00 白井 勇佑(仙台育英3宮城) 9.26★
17 13.58.77 若林 宏樹(洛南3京都) 9.27★
18 13.58.80 中原 優人(智辯カレッジ3奈良) 11.28★
19 13.58.86 甲斐 涼介(宮崎日大3宮崎) 11.14
20 13.59.05 佐藤 条二(市船橋3千葉) 11.29
21 13.59.31 緒方澪那斗(市船橋2千葉) 12.6
22 13.59.32 新谷紘ノ介(世羅3広島) 10.17★

超一流のランナーの証である5000m13分台の選手が、今年は22人も誕生しました。

しかも1校に2人擁している学校もあります。私の時代では考えられません。

中でも、日本高校新記録を出した、東農大二高(群馬)の石田選手は、ハイレベルな今年でも頭一つ抜てけていると思います。

上記の選手ほとんどが、エース区間である1区を走るでしょうから、去年よりも早い日本人タイム(28.48 佐藤一世 八千代松陰3)が期待できます。

ティーム平均タイム

<女子> 3000mティーム平均タイム

平均タイム
1位 神村学園 鹿児島 9.04.07
2位 仙台育英 宮城 9.10.28
3位 立命館宇治 京都 9.11.21
4位 須磨学園 兵庫 9.18.85
5位 薫英女学院 大阪 9.22.90
6位 学法石川 福島 9.23.09
7位 世羅 広島 9.23.80
8位 北九州市立 福岡 9.25.23

<男子> 5000mティーム平均タイム

平均タイム
1位 佐久長聖 長野 14.01.33
2位 世羅 広島 14.01.65
3位 仙台育英 宮城 14.07.47
4位 洛南 京都 14.09.47
5位 大牟田 福岡 14.09.53
6位 学法石川 福島 14.10.48
7位 倉敷 岡山 14.12.11
8位 智弁カレッジ 奈良 14.16.46

もちゃん的、注目選手・注目校

女子は神村学園です。去年2位のメンバー全員が残っていますし、留学生のシンシア選手もいます。去年は1区で出遅れたのが敗因でしたが、今年は2年生の久保選手が走るようです。

1区の流れ次第ですが、留学生という大砲が控えているので、プレッシャーも感じずに走ってほしい所です。

対抗は仙台育英、留学生がエントリーしていないので、日本人のみで今年も挑みます。しかし強い1年生も加入したので、上位に食い込むのは間違いないと思います。

男子は佐久長聖です。1区は伊藤選手だと思いますが、東農大二高の石田選手との対決が楽しみでなりません。この2人は今季5000mの2位と1位の選手です。

今年はインターハイが無かったため、初の直接対決になります。

他校の1区での注目選手は、九州学院の鶴川選手、鹿児島実業の徳丸選手、学法石川の山口選手あたりが区間賞争いに絡むのではないでしょうか。

特に九州学院の鶴川選手、去年はナイキ一色だった1区の中で、純白のミズノのシューズを履いて3位と好成績を残しました。今年もどこのシューズを履くのか注目しています。

対抗は個人的に応援している、学法石川です。1区の山口選手が上位でくれば過去最高順位の3位を更新できるかもしれません。

と、なんの意外性もない予想でした。駅伝は流れが大事ですから、それを作る1区は非常に重要です。なので、1区は見所満載です。時間がない人は1区だけでも見ておきましょう。

 

最後に

開催まで、もう1週間切りましたが、選手の皆さんは最終調整をしているところだと思います。直前で風邪を引いたりもした選手がいましたので、そこは十分注意してほしい所です。

今年はインターハイは開催されなかったので、我慢してきた分、この大会に思う存分力を発揮してほしいです。

今週の12月20日(日)女子 10:20ST ・男子 12:30STで行われますので、駅伝ファンの皆さまは観戦しましょう。

コメント