【2019】全国高校駅伝競争大会が開催されます 12月22日(日)【都大路】

マラソン・駅伝予想展望

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2019年12月22日(日)京都にて、男子第70回・女子第31回全国高等学校駅伝競走大会が開催されます。

今回は、その予想や注目校・注目選手なんかをさらさらっと書いていきたいと思います。

全国高校駅伝とはどんな大会なの?

師走の風物詩と言ったらこれ!でお馴染みの全国高校駅伝。

今年で男子は70回、女子は31回の歴史のある大会です。
毎年暮れのクリスマスの週あたりの日曜日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場で開催されます。全国各都道府県47代表が参加します。女子は10:20、男子は12:15スタートです。

今年の男子は5年ごとに行なわれる記念大会で、都道府県代表47校に加えて、地区代表として11地区(北海道・東北・北関東・南関東・北信越・東海・近畿・中国・四国・北九州・南九州)から11校が出場します。このため記念大会の出場校は計58校となります。

女子の部はマラソンの半分(ハーフマラソン)の21.0975kmを5人で、男子の部はフルマラソンと同じ42.195kmを7人で繋ぎます。

コースと区間数

女子 21.0975km 5区間
第1区 6km(西京極陸上競技場~平野神社前)
第2区 4.0975km(平野神社前~烏丸鞍馬口)
第3区 3km(烏丸鞍馬口~室町小学校前折返し~北大路船岡山)
第4区 3km(北大路船岡山~西大路下立売)
第5区 5km(西大路下立売~西京極陸上競技場)

 

男子 42.195km 7区間
第1区 10km(西京極陸上競技場~烏丸鞍馬口)
第2区 3km(烏丸鞍馬口~丸太町河原町)
第3区 8.1075km(丸太町河原町~国際会館前)
第4区 8.0875km(国際会館前~丸太町寺町)
第5区 3km(丸太町寺町~烏丸紫明)
第6区 5km(烏丸紫明~西大路下立売)
第7区 5km(西大路下立売~西京極陸上競技場)

出場校・女子

北海道  旭川龍谷   8年連続8回目
青森   青森山田 27年連続27回目
岩手   盛岡誠桜 13年連続13回目
宮城   仙台育英 28年連続28回目
秋田   秋田北鷹   2年ぶり8回目
山形   山形城北   2年連続28回目
福島   学法石川   7年連続7回目
茨城   水城     4年ぶり3回目
栃木   白鷗大足利  6年連続6回目
群馬   常磐     2年連続19回目
埼玉   昌平     3年連続3回目
千葉   成田     2年連続9回目
東京   錦城学園   2年連続2回目
神奈川  白鵬女    3年連続13回目
山梨   山梨学院 11年連続19回目
新潟   新潟明訓   4年ぶり8回目
長野   長野東  13年連続13回目
富山   富山商  28年連続28回目
石川   星稜     2年ぶり11回目
福井   鯖江     7年ぶり5回目
静岡   常葉大菊川  2年ぶり7回目
愛知   豊川     2年連続12回目
三重   四日市商     5年ぶり7回目
岐阜   県岐阜商  初出場
滋賀   比叡山    7年連続9回目
京都   立命館宇治 31年連続31回目
大阪   薫英女学院 14年連続14回目
兵庫       須磨学園      2年連続24回目
奈良     智辯カレッジ 3年連続3回目
和歌山  和歌山北   3年連続3回目
鳥取   鳥取城北    3年ぶり2回目
島根   平田      9年連続11回目
岡山   興譲館   21年連続21回目
広島   世羅    14年連続14回目
山口   西京      3年連続28回目
香川   高松工芸    2年連続4回目
徳島   鳴門      8年連続17回目
愛媛   八幡浜   13年連続13回目
高知   山田    31年連続31回目
福岡   筑紫女学園   5年連続26回目
佐賀   白石      6年ぶり7回目
長崎   諫早      2年ぶり25回目
大分   大分東明    5年連続7回目
熊本         千原台     2年連続20回目
宮崎         小林      6年ぶり18回目
鹿児島      神村学園        4年連続26回目
沖縄         名護             3年連続9回目

出場校・男子

北海道 札幌山の手 2年ぶり11回目
青森  青森山田  4年連続25回目
岩手  一関学院  25年連続29回目
宮城  仙台育英  6年連続30回目
秋田  秋田工   7年連続25回目
山形  東海大山形 3年連続17回目
福島  学法石川  9年連続11回目
茨城  東洋大牛久 初出場
栃木  那須拓陽  2年連続10回目
群馬  東農大二  2年ぶり28回目
埼玉  埼玉栄   3年連続39回目
千葉  八千代松陰 2年連続12回目
東京  國學院久我山2年ぶり22回目
神奈川 藤沢翔陵  3年ぶり35回目
山梨  山梨学院  9年連続19回目
新潟  中越    2年ぶり15回目
長野  佐久長聖  22年連続22回目
富山  富山商   3年ぶり23回目
石川  遊学館   11年連続12回目
福井  敦賀気比  初出場
静岡  島田    7年ぶり2回目
愛知  豊川    6年連続7回目
三重  四日市工  16年ぶり17回目
岐阜  中京院中京 12年連続39回目
滋賀  滋賀学園  2年連続12回目
京都  洛南    5年連続26回目
大阪  関大北陽  3年ぶり7回目
兵庫  西脇工   2年連続31回目
奈良  智辯カレッジ3年連続3回目
和歌山 智辯和歌山 初出場
鳥取  鳥取城北  5年連続6回目
島根  出雲工   24年連続28回目
岡山  倉敷    42年連続42回目
広島  世羅    16年連続49回目
山口  西京    27年連続32回目
香川  小豆島中央 4年連続4回目
徳島  徳島科学技術4年ぶり24回目
愛媛  新居浜東  初出場
高知  高知農   4年連続44回目
福岡  自由ケ丘  初出場
佐賀  鳥栖工   10年連続44回目
長崎  松浦    2年連続3回目
大分  大分東明  9年連続18回目
熊本  開新    50年ぶり5回目
宮崎  宮崎日大  2年連続2回目
鹿児島 鹿児島実  2年ぶり50回目
沖縄  北山    2年ぶり8回目

———-地区代表———-

北海道地区  北海道栄 2年連続10回目
東北地区   田村   9年ぶり22回目
北関東地区  水城   11年連続14回目
南関東地区  鎌倉学園 2年連続2回目
北信越地区  美方   5年連続30回目
東海地区   伊賀白鳳 16年連続31回目
近畿地区   須磨学園 2年ぶり6回目
中国地区   水島工  初出場
四国地区   松山商  4年連続13回目
北九州地区  大牟田  2年連続42回目
南九州地区  九州学院 16年連続39回目

去年の優勝校

女子は神村学園、男子は倉敷高校が優勝をしました。今年も上位入賞可能なティームとなっております。

2019年 3000mPB(パーソナルベスト)上位7人平均タイム(女子)

01.  9:11  神村学園(鹿児島)
02.  9:12  仙台育英(宮城)
03.  9:15  立命館宇治(京都)
04.  9:17  須磨学園(兵庫)
05.  9:23  錦城学園(東京)
06.  9:25  長野東(長野)
07.  9:25  成田(千葉)
08.  9:26  青森山田(青森)

2019年 5000mPB(パーソナルベスト)上位7人平均タイム(男子)

01.  14:08  佐久長聖(長野)
02.  14:11  学法石川(福島)
03.  14:12  世羅(広島)
04.  14:13  東農大二(群馬)
05.  14:16  仙台育英(宮城)
06.  14:16  国学院久我山(東京)
07.  14:19  豊川(愛知)
08.  14:19  倉敷(岡山)

もちゃん的注目校

女子仙台育英です。今年は留学生のソムニ選手がケガでエントリー漏れ。日本人選手だけのティームで県大会から挑んできました。去年の留学生を擁したティームと遜色ない記録で県大会を走りました。日本人だけでもやれるってところを証明してほしいですね。

対抗はやはり優勝候補筆頭の神村学園でしょうか。強力な留学生シンシア選手がいます。県大会では、このシンシア選手2区を走ったようですが、都大路では、アンカ-を任されるような気がします。果たしてどうなるでしょうか。

 

男子は5000m13分台ランナーが今季10人以上います。東海の黄金世代が高校生のころでも10人でしたので、レベルが上がっていますね。

今季日本人5000mTOPは東農大二の2年生石田選手。エース区間の1区を走るでしょう。県大会では、不本意な1区記録だったので、区間賞争いをしてほしいです。

1区区間賞候補は、他にも3000SCで高校記録を更新した洛南の三浦選手。鎌倉学園の児玉選手。先の記録会で10kトラックで28分台を出した仙台育英の喜早選手・西京の菖蒲選手など挙げたらきりがありません。

佐久長聖上野選手以来の夢の日本人28分台が出てもおかしくはありません。

さて、今年のもちゃん的注目校男子編は、学法石川です。3年の松山・渡辺選手のほかに、13分台のスーパールーキー山口選手、国体3000B優勝の藤宮選手等がいます。去年の3位以上の順位が予想できます。松田監督の選手区間配置が気になります。

あとは佐久長聖ですね。今年からNIKEにユニホームが変わりました。選手層が厚いです。5000mの平均が14分08秒ですから、スキのない布陣が組めます。

優勝争いは、上記の学校に留学生を擁する仙台育英・倉敷・世羅高校が絡んでくるでしょう。

最期に

選手は直前の合宿の最中ですが、今一番の敵は風邪です。風邪には万全の注意を払って生活していかなければなりません。令和初の高校駅伝。どこの高校が優勝するのでしょうか、今から楽しみでなりません。今週の12月22日(日)女子 10:20ST ・男子 12:30STで行われますので、駅伝ファンの皆さまは観戦しましょう。

コメント