【フィーチャーホン】私がガラケーを使い続ける5つの理由【折りたたみ式】

日記

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

みなさんは、携帯電話何を使っていますか?やはりスマートフォンですか?私ですか?いいえ、フィーチャーフォンを使っていますよ。俗にいう「ガラケー」ですね。

電車に乗っていると、みなさん何をしているでしょう?読書ですか?睡眠ですか?いいえ、スマホをいじっています。確実に一人はスマホをいじっています。

政府が今の電話料金が高すぎるから4割程度安くしなさいと携帯大手3社に通達したようですがどうなるのでしょうか。ガラケーの未来はどうなるのでしょうか。

そんな状況の中、今回はなぜ私はガラケーを使い続けるのかを書いていきたいと思います。

現在のガラケーユーザーの数は?

2018年現在では、スマートフォン普及率は東京で79.4%になっています。単純計算として、残りの20.6%がガラケー所有者となります。今の時代でも20%がガラケーを使っていることに逆に驚きました。

その20%の方々は、なぜ今もガラケーを使っているのかをガラケーユーザーの一人である私の場合で説明していきたいと思います。

ガラケーを使い続ける理由

惰性で使っている

スマホの前はガラケーでした。そう、みんなガラケーだったのです。ガラケーはスマホよりも良い点がたくさんあります。持ち易さだったり、物理キーだったり。そんなガラケーから訳も分からぬスマホになんか変えられないって方がいると思います。主に高年齢者層で。そういう方々は今まで通りせっかく使い方も覚えたので、新しいスマホには移行しません。そもそも電話なんですから、電話だけできればいいのです。それ以外の機能はいりません。

電池の持ちがスマホに比べて段違い

スマホはあらゆる電子機器の機能が一つに集約されていますよね。音楽プレーヤーだったり、インターネッツ、キャメラなど。なので電池の食いが半端なく早いのです。下手すりゃ一日で充電しなくてはなりません。その点ガラケーはどうでしょう。私の場合、データ通信はできない設定になっていますので、純粋に通話のみの消費となっています。電話の頻度にもよりますが、1週間は余裕で持ちます。

ラインが嫌だ

スマホにはいろんなアプリがあります。その代名詞ともいわれるのが「ライン」。もう説明する必要がないほどスマホ持っている人はインストールしているでしょうこのソフト。私はこのソフトが大嫌いであります。確かにリアルタイムでチャットができて、相手が自分のメッセージを読んだのかどうかが分かる機能は便利です。が、やりすぎのような気がします。返信をせかされている感じがして気分が良くありません。メールは暇なときに見て、暇な時に返信します。このスタイルは変えたくありません。

月々の使用料金がスマホに比べて格段に安い

お金のないわたしにとって、これが最大の理由かもしれません。無いものは振れないのです。私のプランは、無料通話付きのひと月約1000円のプランです。通話も無料通話分で賄っているのでそれ以上はかかりません。たった1000円。

それにくらべてスマホは、情弱の方は8000円以上かかってるらしいですね。情強の方は3000円弱ぐらいで済んでるらしいのですが。(データプランによる)そんなに払えましぇん!

スマホが要らない

私はFUJIWIFIというモバイルルーターを持っています。データ量無制限のルーターです。それとタブレット(NEXUS7)を持っているので、それでネットをやっています。タブレットとは電話機能のないスマホみたいなもので、似たようなスマホは私にはそもそも必要ないのです。確かに持ち物は増えますがタブレットのほうが画面がでかいですし、目が疲れません。私はこの、ガラケーとタブレットのスタイルが好きなので変えることは当分ないでしょう。

感想

と、ざっと5つぐらい挙げてみました。来年の10月には楽天も電話業界に参入してきます。その楽天が価格破壊をしてくるのではないかという話もありますが、どうなるかはわかりません。先に話した4割程度下げるのも本当に下がるのかはわかりませんし、、、外国人に母国の通話料金を聞いたら1000~2000円でした。日本は高すぎると思います。早く諸外国と同等の値段に下がってほしいですね。

 

 

コメント