【2019】第37回全国都道府県対抗女子駅伝を見て【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

インフルエンザ療養中のもちゃんでございます。皆様、風邪には十分気を付けて生活してください。新年早々散々な目にあっております。

さて、今年一発目の女子の駅伝である都道府県対抗駅伝が13日に開催されました。去年は兵庫が優勝しましたが、今年はどこが優勝するのでしょうか。

公式WEBサイトの結果はこちらです。

大会結果

1位  22愛知  2:15’43”
2位  26京都  2:16’45”
3位  27大阪  2:17’01”
4位  28兵庫  2:17’13”
5位  12千葉  2:17’26”
6位  17長野  2:17’47”
7位  14神奈川 2:18’15”
8位  21静岡  2:18’38”

区間賞

1区 廣中 璃梨佳 (長崎商高)長崎 19’24”
2区 藤中 佑美 (光ヶ丘女子高)愛知 12’43”
西脇 舞 (天満屋)岡山 12’43”
3区 南 日向 (葛飾中)千葉 9’10”  区間タイ
4区 小林 成美 (長野東高) 長野 12’50”
5区 三原 梓 (立命館宇治高) 京都 13’18”
6区 大西 ひかり (須磨学園高) 兵庫 12’44”
7区 松室 真優 (大阪薫英女学院高)大阪 12’31”
荒井 優奈 (須磨学園高)兵庫 12’31”
8区 石松 愛朱加 (浜の宮中)兵庫 9’58”
9区 新谷 仁美 (NTTC)東京 31’06”

愛知の個人成績

1区 荘司 麻衣 (デンソー) 19’41″ 区間9位       (9位)
2区 藤中 佑美 (光ヶ丘女子高) 12’43″ 区間1位    (1位)
3区 阪井 空 (水無瀬中) 9’17″ 区間3位       (2位)
4区 古川 璃音 (豊川高) 13’13″ 区間6位       (1位)
5区 永井 美希 (豊川高) 13’28″ 区間2位       (2位)
6区 山本 有真 (光ヶ丘女子高) 12’59″ 区間6位    (1位)
7区 小笠原 安香音 (安城学園高) 12’35″ 区間3位   (1位)
8区 林 那優 (一宮中) 10’39″ 区間17位        (2位)
9区 鈴木 亜由子 (日本郵政グループ) 31’08″ 区間2位 (1位)

※()の数字は通過順位

感想

1区で区間賞を取った廣中瑠梨佳(長崎)選手は、この区間賞で4年連続区間賞で力を示しました。相変わらずの帽子のスタイルですが、ゲンを担いでいるのでしょうか。気になります。現在高校3年生ですが、進路はどこに行くのでしょうか。個人的には進学せずにぜひ実業団に進んでほしいと思います。ググってみたら、廣中選手は日本郵政に就職予定だそうです。あの鈴木亜由子選手とティームメイツになるようです。強い所へ行きましたね。駅伝の方も楽しみです。

愛知県ティームは、1区と9区以外は中高生のティームと非常に若い構成で臨んできました。それでも区間上位というさすが優勝ティームという成績。高校も豊川高だけでなく光ヶ丘女子高・安城学園高と層の厚い選手たちでした。特に2区の藤中選手の活躍が大きかったような気がします。アンカーに強力な鈴木選手がいる安心感からか各選手とものびのびと走れているような感じがしました。

個人的にというか、駅伝好きの皆さんが注目している選手だと思いますが東京の新谷選手がエース区間の9区で区間賞を取りました。オリンピック選手を目指している選手が多い区間での区間賞。今一番強いと思われる選手の一人である愛知の鈴木選手に2秒速いタイムでした。去年の日体大のレースから、徐々に距離を伸ばしていき、去年の東日本女子駅伝での逆転優勝とか今レースの活躍で完全に復活というかさらに強くなってきています。本人は東京オリンピックは先が長く、目の前の一試合に集中していくということですが、オリンピックは狙っていると思います。まだ30歳で肉体的、精神的に一番いい時期だと思うので応援していきたいと思います。選手のみなっさんお疲れさまでした。

コメント