【2020】第48回全日本実業団ハーフマラソンをTV観戦【リザルト】

マラソン・駅伝

もちゃんです。(@blokore

晴天のコンディションの中、第48回全日本実業団ハーフマラソン大会が山口県で開催されました。

今大会、上位入賞者は、世界ハーフへの切符があります。他来月の東京マラソンにい向けての調整の場として出場している選手も多数います。

さぁ、結果の方はどうなったのでしょうか。男子のリザルトはこちら、女子のリザルトはこちらになります。よろしくお願いします。

大会結果

1位 R・ジェームス(中央発條) 1:00:27
2位 古賀淳紫(安川電機)     1:00:49
3位 鈴⽊大貴(YKK)             1:00:50
4位 P・ムワカ(愛三工業)     1:00:53
5位 ⽊村慎(ホンダ)             1:00:54
6位 ⻄⼭雄介(トヨタ自動車) 1:00:55
7位 延藤潤(マツダ)             1:00:56
8位 中村高洋(京セラ鹿児島) 1:00:57

日本人TOPの古賀選手のラップとスピリット

05k 14:50 14:50
10k 29:08 14:18
15k 43:33 14:25
20k 57:45 14:12
finish 1:00:49 3:04

 

感想

優勝した中央発條のR・ジェームス選手が見事優勝を勝ち取りました。

序盤から飛び出し、終始一人旅での優勝でした。日本人選手を含む2位グループは、序盤の5kけん制していて最初の5kが14分50秒かかってしまいました。

勿体ないと思ったのと同時に、最初の5k早ければ、日本人選手も1時間30秒切り出来たのではないかと思いました。

 

来月の東京マラソンの練習過程で出場した選手は、村山選手が1:01:26の19位。堀尾選手が1:01:49で32位、⼭本憲二選手が1:01:58で45位でした。

村山選手は、インタビューで、良い動きができ合格点とのことでしたので、練習が順調にいってるんだろうなと思います。

東京マラソンまで3週間余りとなりました。MGC並みに豪華なメンバーで今から楽しみであります。

選手の皆さんは、ピーキング頑張ってください。

コメント