【2018】第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走【予想】

マラソン・駅伝予想展望

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

さぁ、今年もやってきました駅伝シーズンの幕開けでございます。大学駅伝の3大駅伝の1つである出雲駅伝が来月の10月8日(月・祝)「体育の日」に開催されます。今回はそれの予想なんかをしてみたいと思います。

出雲駅伝の特徴

出雲大社正面鳥居前からスタートし、フィニッシュは出雲ドーム前の6区間、計45.1キロのスピード駅伝。各校スピードスターが勢揃いします。

区間数と距離

全6区間 計45.1km

公式HPより引用

1区(8.0km) 出雲大社正面鳥居前 → 出雲市役所・JAしまね前
2区(5.8km) 出雲市役所・JAしまね前 → 斐川直江
3区(8.5km) 斐川直江 → 平田中ノ島
4区(6.2km) 平田中ノ島 → 鳶巣コミュニティセンター前
5区(6.4km) 鳶巣コミュニティセンター前 → 島根ワイナリー前
6区(10.2km) 島根ワイナリー前 → 出雲ドーム前

 

エントリー大学

1 札幌学院大学
2 札幌国際大学
3 東北学連選抜
4 青山学院大学
5 東洋大学
6 早稲田大学
7 日本体育大学
8 東海大学
9 法政大学
10 城西大学
11 拓殖大学
12 帝京大学
13 中央学院大学
14 北信越学連選抜
15 皇學館大学
16 立命館大学
17 京都産業大学
18 大阪経済大学
19 広島経済大学
20 日本文理大学
21 アイビーリーグ選抜

前回の成績

優勝 東海大学
2位 青山学院大学
3位 日本体育大学
4位 順天堂大学
5位 東洋大学
6位 神奈川大学
7位 駒沢大学
8位 中央学院大学

予想

青山学院は「駅伝男」の田村・下田が卒業し戦力ダウンは否めませんが、橋詰選手は5000mで青学記録のTOPに躍り出たし、今年の箱根駅伝で2区区間賞の森田選手もいます。2年生の神林・吉田選手もポテンシャルは十分にあります。個人的に青山学院は長い距離に強いというイメージがあるのですが、短い距離の駅伝でも十分に優勝はあると思います。

東海大学は、黄金世代が3年生になり熟成の域にきたのか。關選手は4か月ぶりに先日レースに出て13分50秒台でまとめてはきたものの全盛期にはまだ達していない模様です。鬼塚選手・舘澤選手は順当にメンバー入り。中島・郡司・西川・高田選手も3年生。オール3年生で挑む可能性もアルと思います。しかし4年生の湯澤・湊谷選手もいます。気になるのは1年生の須崎選手。5000mのベストは14分23秒。このタイムでメンバー入りしているっていうことは秘密兵器なのかもしれません。

東洋大学は、前回大会は3年生1人、そのほかは1.2年生と若いティームで参戦しました。結果は5位だったのですが、西山・相澤・山本選手の13分台ランナーが良い位置で序盤走れれば、ワンチャンあるのではないかと思います。現時点でエントリーが分かっていないのですが、この3人は必ず走るでしょう。

出雲駅伝は、短いのでよほどの実力差でもない限りごぼう抜きは出来ません。そうなるとまずブレーキをしないことが重要になってきます。あとは1区の出来次第でその後の人の走りが大きく変わってくると思います。なので1区で1位を取って速攻でアドバンテージを取りたいところです。個人的には東海大学が2連覇するのではないかと思います。2位は青山学院大。他の大学で気になる選手と言えば、早稲田大学1年の中谷選手ですね。去年の高校時代のTOPランナーでしたから、スーパールーキーだと思います。

あとはギアですよね。東洋大学は全員NIKEのヴェイパーフライ4%フライニットのオレンジのシューズを履いてくるでしょう。また今年もNIKEシューズが旋風を巻き起こすのかその辺も楽しみに見ていきたいと思います。

 

 

コメント