【2019】第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走【予想】

マラソン・駅伝予想展望

2019年も残りあと3か月となりました。年を取るとホント1年が早く感じます。競技している人たちは1年がものすごく長く感じますよね。自分がそうでした。

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

10月となると、駅伝シーズンの始まりであります。高校では全国高校駅伝の県予選が各地で始まります。

大学では3大駅伝の1つである出雲駅伝が10月14日(月・祝)「体育の日」に開催されます。

公式サイトはこちらになります。

区間と距離

全6区間 計45.1kmのスピード駅伝です。各校のスピードスターが勢揃い。

 

1区(8.0km) 出雲大社正面鳥居前 → 出雲市役所・JAしまね前
2区(5.8km) 出雲市役所・JAしまね前 → 斐川直江
3区(8.5km) 斐川直江 → 平田中ノ島
4区(6.2km) 平田中ノ島 → 鳶巣コミュニティセンター前
5区(6.4km) 鳶巣コミュニティセンター前 → 島根ワイナリー前
6区(10.2km) 島根ワイナリー前 → 出雲ドーム前

エントリー大学

1北海道学連選抜北海道
2東北学連選抜東北
3東海大学関東
4青山学院大学関東
5東洋大学関東
6駒澤大学関東
7帝京大学関東
8法政大学関東
9國學院大學関東
10順天堂大学関東
11拓殖大学関東
12中央学院大学関東
13北信越学連選抜北信越
14皇學館大学東海
15愛知工業大学東海
16立命館大学関西
17関西学院大学関西
18京都産業大学関西
19広島経済大学中国四国
20第一工業大学九州
21アイビーリーグ選抜

去年の成績

優勝 青山学院大学 2:11:58
2位東洋大学2:12:10
3位東海大学2:13:31
4位拓殖大学2:14:16
5位帝京大学2:15:02
6位中央学院大学2:15:04
7位立命館大学2:15:07
8位城西大学2:15:11

 

注目選手

東海大学では飯澤千翔選手(1年)です。千翔と書いて かずと と読みます。

東海大のスピードスターと言えば、キャプテンの舘澤選手。その舘澤選手に今シーズン1500mでほとんど勝っています。

飯澤選手本人は、トラックで勝負していきたいとインタビューであったので、駅伝に出るのかはわかりませんが、今後も見ていきたいと思います。木村選手(4年)と同じ1500m専門になるのでしょうか。

個人的には、出雲駅伝だけでも出てほしいと思いましたが、残念ながらエントリー漏れ。同じ日に行われる大会で1500mに出場するようです。

伸び盛りの2年生では、先日の東海大記録会で13分台ランナーになった市村選手、本間選手がエントリー。

市村選手が出走すると思われます。来年再来年を見据え良い走りを期待したいですね。

3年生も塩澤・西田コンビが調子がいいって聞いていますし、楽しみです。

あとは、黄金世代の4年生達。キャプテンの舘澤選手は欠場。集大成ですので、できるだけ多くの選手が出場してほしいです。

去年の4年が卒業して戦力ダウンの否めない青山学院では、吉田圭太選手(3年)です。去年のこの大会から駅伝デビューして、3大駅伝すべてで区間賞を獲得しています。

先日行われた、全日本インカレでも5000mで日本人トップの13分43秒で上がってるので調子はいいと思います。本人も今年も3大駅伝全部区間賞を狙ってくるでしょう。

駒沢大では、ルーキーの田澤選手が先日の日体大記録会で5000m13分42秒で走っているので当然ながら出雲には出てくるでしょう。この世代のトップの一人なので注目しています。

他にも5人の選手が5000m13分台をだして好調です。出雲でも上位に入ってくるでしょう。

東洋大は先日の日体大記録会で相澤選手(4年)が13分50秒とまずまずな走りを、13分台は相澤選手だけ。西澤選手が14分13秒と振るいませんでした。

そのほかの注目している選手では、荒生選手(1年)が残念ながらエントリー漏れ。次回に期待ですね。

帝京大も同じ日体大記録会で、一気に6人も13分台に突入しています。好調が続けば出雲では上位に入れるかもしれません。

という感じで、東海・駒沢・東洋・青学・帝京・国学院あたりが、優勝に絡んでくるんじゃないかと思います。

これを書いている時点で台風が接近してるらしく、大会当日中止にならないかを心配していますが、開催されることを願いたいと思います。

コメント