【2019】第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2019年もいよいよ駅伝シーズンの突入であります。

大学3大駅伝の1つである出雲駅伝が10月14日(月)に開催されました。

今年は稀にみる混戦が予想されます。さぁ、どこの大学が優勝したのでしょうか。

公式のリザルトはこちらになります。

大会結果

1位國學院大学2時間09分58秒
2位駒澤大学2時間10分06秒
3位東洋大学2時間10分09秒
4位東海大学2時間10分18秒
5位青山学院大学2時間10分51秒
6位立命館大学2時間13分11秒
7位帝京大学2時間14分04秒
8位順天堂大学2時間13分50秒

区間賞

1区(8.0k)ローレンス・グレ(北海道学連選抜)23分07秒
2区(5.8km)岸本大紀(青山学院大学・1年)16分16秒
3区(8.5km)相澤晃(東洋大学・4年)23分46秒区間新
4区(6.2km)神林勇太(青山学院大学・3年)17分24秒区間新
5区(6.4km)小野寺悠(帝京大学・3年)17分54秒
6区(10.2km)土方英和(國學院大學・4年)29分05秒

 

国学院大学の個人成績

1区(8.0k)藤木宏太(2年・区間5位)24分29秒
2区(5.8km)中西大翔(1年・区間3位)16分21秒
3区(8.5km)浦野雄平(4年・区間3位)23分57秒
4区(6.2km)青木裕斗(4年・区間5位)17分45秒
5区(6.4km)茂原大悟(4年・区間5位)18分21秒
6区(10.2km)土方英和(4年・区間1位)29分05秒

 

試合の要約

前評判の高かった国学院大学が見事初優勝を果たしました。1区藤木選手は2位グループのトップに6秒遅れと好位置でのスタート。

2区の中西選手も1年生ながら区間3位の好走。いい位置で3区エースの浦野選手へとタスキを渡しました。

3区の国学院の浦野選手、青学の吉田選手、駒沢の田澤選手の並走は見ごたえがありました。田澤選手はスーパールーキーのポテンシャルを見せてくれました。

相澤選手も安定の力を見せて区間新での区間賞。安心して見てられますね。

3区では区間5位までの選手が以前の区間記録を更新しました。

4区では、区間新で青学神林選手が区間賞get。2位の東海市村選手、3位の駒沢小林選手も区間新。記録ラッシュでした。

国学院大は、4区の青木選手、5区の茂原選手がともに5位の位置でアンカーの土方選手へタスキを渡しました。

5区は帝京大の小野寺選手が区間賞を取りました。

アンカーの6区は国学院の土方選手が1位の駒沢と37秒差でタスキをもらうと、青学の中村選手と東海の西田選手と一緒に追いかけます。

最後は土方選手が駒沢の中村選手を抜いての初優勝。稀に見る逆転劇を見せてくれました。

この土方選手の記録は、6区の日本人歴代1位の記録だそうです。

感想

初優勝の国学院大学おめでとうございます。首位が入れ替わる見てて面白いレース展開でした。

しかし、各大学も準備万全で挑めた大会ではなかったようです。優勝候補に挙がっているどの大学も、故障明けで挑んだり、故障者がいたり、出場してもまだ本調子じゃないなど、ベストメンバーで挑めた大学は数少ないと思います。

次の全日本大学駅伝では、ベストメンバーで挑めるように頑張ってほしい所です。

個人的には、青学の神林選手の区間賞、東海のニューフェイス市村選手、塩澤選手の復活、駒澤の田澤選手の好走などが印象に残っています。

特に東海の2年市村選手は、黄金世代の4年生に割って入ってきたので将来が楽しみです。今回の駅伝は、独り単独での区間2位でしたので単独走に強い印象を得ました。長い距離に対応できるのかがわかりませんが、全日本・箱根も出れるように頑張ってほしいです。

次は全日本大学駅伝。距離も長くなってきて一つ一つの区間の重要度が増してきます。ではまた来月にお会いしましょう。

コメント