【2018】第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore
いよいよ始まりました、駅伝シーズン。3大駅伝の一つ出雲駅伝が10月8日開催されました。晴天の中開かれた今大会、どの大学が優勝したのでしょうか。公式の記録サイトはここです。(pdf)

区間数と距離

全6区間 計45.1km

公式HPより引用

1区(8.0km) 出雲大社正面鳥居前 → 出雲市役所・JAしまね前
2区(5.8km) 出雲市役所・JAしまね前 → 斐川直江
3区(8.5km) 斐川直江 → 平田中ノ島
4区(6.2km) 平田中ノ島 → 鳶巣コミュニティセンター前
5区(6.4km) 鳶巣コミュニティセンター前 → 島根ワイナリー前
6区(10.2km) 島根ワイナリー前 → 出雲ドーム前

優勝候補は?

2年連続優勝を狙う東海大学か、2回目の3冠を狙う青山学院か、2回目の優勝を狙う東洋大学か。この3強に割って入る他大学があるのか。東海大学は、鬼塚選手がメンバーから外れ、關選手も短い4区を走るなど全体的にコンディションが良くない模様。青山学院・東洋大学は1・2・3区にエースを配置して前半にリードを広げたい感じですね。さぁ、レース結果のほうはどうなったのでしょうか。

大会結果

優勝 青山学院大学      2:11:58
2位  東洋大学            2:12:10
3位    東海大学            2:13:31
4位    拓殖大学            2:14:16
5位    帝京大学            2:15:02
6位    中央学院大学      2:15:04
7位    立命館大学         2:15:07
8位    城西大学            2:15:11

区間賞

1区 (8.0km) 橋詰大慧 (青山学院・4年)   23分15秒
2区 (5.8km) 鈴木塁人 (青山学院・3年)   16分26秒
3区 (8.5km) W・デレセ (拓殖大学・4年)  25分17秒
4区 (6.2km) 吉田圭太(青山学院・2年)    18分00秒
5区 (6.4km) 今西駿介(東洋大学・3年)    18分30秒
6区 (10.2km) 吉川洋次 (東洋大学・2年)   29分53秒

青山学院大学の個人成績

1区 (8.0km) 橋詰大慧 (4年・区間1位)   23分15秒
2区 (5.8km) 鈴木塁人 (3年・区間1位)   16分26秒
3区 (8.5km) 森田歩希 (4年・区間2位)   25分17秒
4区 (6.2km) 吉田圭太 (2年・区間1位)     18分00秒
5区 (6.4km) 生方敦也 (3年・区間2位)   18分48秒
6区 (10.2km) 竹石尚人 (3年・区間2位)   30分08秒

2位 東洋大学の個人成績

1区 (8.0km) 相澤 晃(3年・区間2位)   23分21秒
2区 (5.8km)  西山和弥 (2年・区間6位)   16分54秒
3区 (8.5km) 山本修二 (4年・区間3位)   25分23秒
4区 (6.2km) 小笹 椋(4年・区間4位)    18分09秒
5区 (6.4km) 今西駿介(3年・区間1位)    18分30秒
6区 (10.2km) 吉川洋次 (2年・区間1位)   29分53秒

感想

青山学院の1区橋詰選手、持ち前のスピードで区間賞を取り、東洋の1区相澤選手も6秒遅れの2位で2区へ。結局青山学院は、一度も首位を譲らずに優勝しました。やはり1区でアドバンテージを取れたってことが、その後の好走につながっていると思います。先頭で走るのは、気分がいいですし、のびのびと走れますから。それでも、大学駅伝デビューした選手をはじめ、外すことなく安定して青学の選手たちは走っていたのですごいなぁと思います。東洋は2区の西山選手が実力を出せなかったのが痛かったです。西山選手の実力なら常に区間上位にはいてほしいところ。東洋の次期エースといっても過言ではないので全日本駅伝は頑張ってほしいです。このまま青学の独走で終わるのかと思いきや、終盤5・6区の今西選手・吉川選手の驚異的な追い上げ、見事でした。東洋の意地を見たような気がします。次は全日本大学駅伝。1区間あたりの距離が長くなります。個人的に一番大学生らしい大会だと思っています。夏合宿の疲れも取れている時期ですのでしっかりコンディションを整えて挑んでほしいと思います。選手の皆さんお疲れさまでした。

 

コメント