全国高校駅伝競争大会が開催されます 2016年12月25日(日)

マラソン・駅伝予想展望

もちゃんです。

師走といえば、クリスマスじゃなくて私の場合は全国高校駅伝ですね。
毎年クリスマスの週の日曜日にあるってイメージです。
今年は2016年12月25日(日)ドンピシャでクリスマスの日に開催されます。

どんな大会でどこでやってるの?

今年で男子は67回、女子は28回の歴史のある大会です。
毎年暮れのクリスマスの週あたりの日曜日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場で開催されます。全国各都道府県47代表が参加します。女子は10:20、男子は12:15スタートです。

5年ごとに行なわれる記念大会では、都道府県代表47校に加えて、地区代表として11地区(北海道・東北・北関東・南関東・北信越・東海・近畿・中国・四国・北九州・南九州)から11校が出場します。このため記念大会の出場校は計58校となります。

女子の部はマラソンの半分(ハーフマラソン)の21.0975kmを5人で、男子の部はフルマラソンと同じ42.195kmを7人で繋ぎます。

外国人留学生の扱いは?

出場校の数校には外国人留学生もいるティームがあります。
以前は何の制限もない(仙台育英なんかは2人起用していた)時期もありましたが、現在は留学生は1人のみの出場となりました。
外国人留学生選手がいる学校は、一番長い1区10kmに留学生を起用するのが定石となっていました。そのために開始序盤はなんの国際大会?と思うぐらい先頭争いを留学生だけで争っている映像を冷めた目で見てた記憶があります。1区10kmでの日本人選手とのタイム差は、レースに与える影響が大きく、2008年からは1区の留学生の起用はできなくなったという経緯があります。現在は2番めに長い3区(8.1075km)に配置するのが基本となっています。

 

去年はどうだったの?

去年は広島代表の世羅が2時間01分18秒の大会新記録で、2年連続9回目の優勝を飾りました。女子も世羅が優勝し、大会史上2回目のアベック優勝を達成しました。
男子は世羅高校が今年3連覇を目指して都大路を走ります。今年も世羅高校は男女ともに優勝候補になっています。

どこを応援するの?

ティームで言ったら佐久長聖高校です。
佐久長聖高校は5000m13分台が2人14分台が5人で平均して14分一桁行くか行かないかというとてつもないティームです。留学生がいなくてこの平均タイムです。恐ろしいですね。
優勝候補で留学生を擁する世羅高校や倉敷高校を破ってほしいですね。

個人選手で注目してる選手は学法石川(福島)の遠藤日向選手ですね。
この選手は、年代毎に日本一をずーと獲得している選手で、5000mの記録も日本人選手中1位です。
ここ10年ぐらいでは5000mの記録が一番早いと思います。日本人の中で。(間違ってたらごめんなさい)
去年は3区を走りましたが、今年はエース区間の1区走ることは間違いないですね。是非注目してみてみてください。

駅伝をしている高校生は、この大会に出るべく毎日きつい練習をこなしてきています。
彼ら彼女らを見習って、私も日々精進していきたいと大会を見る度に思います。
NHKで生放送しますので興味のある方はぜひ見てみて下さいね。

 

 

コメント