【やる気0】障碍者勤務(非正規)で思うこと【昇給0】

障害者雇用

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

私は今、非正規の障碍者採用で働いています。

精神の病気になるまでは、正社員→派遣社員と人生低空飛行を続けておりました。病気が発動して、就労移行支援事業所に1年間通ってから、障碍者枠として就職しています。

今回は、障碍者というか、嫌なことしかなかった非正規社員・派遣時代のことを語っていこうかなと思います。

非正規・派遣で嫌なところ

嫌な仕事・面倒な仕事を押し付けられる

誰でもできる簡単な仕事で面倒なお仕事を押し付けられます。「派遣でキャリアアップ!」などとCMではうたっていますが全然キャリアアップになんぞに繋がりません。その結果、安いお仕事しかできずにワーキングプアになり、精神を病んでいきます。

時に正社員との壁を感じる

ボーナスの時期になると部長あたりから今期は売り上げがどうのこうのとのお話があります。ボーナスは非正規なので出ません。非正規社員の方々は、席を外してくださいと言われ、その話が終わるまでお外で待機しなければなりませんでした。重要な社員会議なんかは当然非正規は参加する必要がありません。同じ仕事をしている仲間なんだっていう気持ちが完全に壊されてモティベーションが無くなっていき精神を病んいきます。

福利厚生はもちろん正社員様のみ

昼飯時、働いていた会社では社食があるのですが、正社員様は社員証をレジでかざしてピッと社員割引決済。非正規は社食の隅っこにある電子マネーカードを購入して実費で昼飯を購入していました。まぁ社食を使えさせてもらえるだけ良かったと当時は思っていました。酷い所だと、エレベーターすら使ってはいけないみたいな所もあるそうです。みじめな思いをしつつ働いて最後には精神を病んでいきます。

いくら仕事ができても格下に見られる

いくら仕事ができてもって言ってもやってることはとっても簡単なこと。いくら頑張っても給料は時給制。はっきり言って頑張るだけ損しています。それはさておき、派遣社員は服装とかストラップの色とかで社員様と差別化されていてぱっと見で分かるようになっています。社員様もそれを見て態度を変える人も多くありません。都合の良いときは、一緒に働く仲間とか言いますが、都合悪くなるとあなたは派遣だからとあっさり切られるのです。派遣になると理不尽なことが非常に多く精神を病んでいきます。

感想

派遣でキャリアアップとか、新しい働き方とか良いことばかりWEB上には書いてありますが、実際に派遣で働いた方の意見を見てみると、やはり理不尽な扱いを受けたりキャリアアップなんかは全然できなかったりとやってよかったという方は見受けられませんでした。

私は、正社員時代に残業がかなりあって、資格の勉強が全くできなかったので、派遣になって定時で帰りたかったのですが、派遣でも残業がかなりあり結局勉強ができる時間は取れませんでした。私には派遣で働くメリットは私の場合全くありませんでした。

生活費の貯金が全くなかったのも派遣をやらざる得なかった理由の1つでした。

毎月かつかつで生活しているのでやりたくもない派遣で働かなければなりませんでした。本来なら正社員時代に最低3か月は何もしないでも生きていける貯金が欲しいところでした。なぜ3か月かというと、失業保険が失業後3か月後に受給できるからです。

あと、私が利用した区のサービスで「住宅確保給付金」と正確には言うらしいのですが、家賃53700円を上限として支給されるサービスがあります。条件として離職して2年以内の65歳未満の人で期間は原則として3か月間。ハローワークで月に2回以上、職業相談をすることなどが条件です。就職活動を真面目に行っている場合は3か月延長され、最大で9か月間受給することができます。全国の自立支援相談期間が窓口です。

これにプラスして、ハローワークの職業訓練校に通うという手もあります。

ここを参考に読んでみて下さい

これでしばらくは生きていけます。今派遣で苦しんでいる人は真剣に考えてみてはいかがでしょうか。1から10まではここに書いていませんので、自分で調べなければならない所もありますが、人生を変えるきっかけにはなると思います。

現在の私は障碍者雇用で働いていますが、基本派遣とあまり変わりはありません。働いている時間が健常者より短いぐらいですね。派遣の方はなるべく早めに正社員の道に進んだほうが良いと思います。鵜飼いの鵜は私はもうまっぴらなのです。

コメント