【2020】第61回東日本実業団駅伝【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2020年11月3日(火)の祝日に、東日本実業団駅伝が埼玉で開催されました。

この大会は、2021年元旦に行われるニューイヤー駅伝の予選会でもあります。

上位12位までに与えられる来年のニューイヤー駅伝の切符をgetしたのはどの企業でしょうか。

公式の結果はこちらになります。(pdf)

スポンサーリンク

コースと区間

今年はコロナの影響からか、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場及び公園内特設周回コース【7区間76.4km】で行われます。コースの詳細はこちらになります(pdf)

第1区 13.4km 競技場2周+周回コース(1周4.2km)3周
第2区 8.4km 周回コース2周
第3区 16.8km 周回コース4周
第4区 8.4km 周回コース2周
第5区 8.4km 周回コース2周
第6区 8.4km 周回コース2周
第7区 12.6km 周回コース3周

大会結果

1位 富士通 3:36:43
2位 GMO 3:37:09
3位 Honda 3:38:00
4位 ヤクルト 3:39:38
5位 日立物流 3:39:40
6位 カネボウ 3:39:47
7位 JR東日本 3:40:49
8位 コニカミノルタ 3:41:22
9位 サンベルクス 3:42:17
10位 埼玉医科大学G 3:43:20
11位 NDソフト 3:43:56
12位 コモディイイダ 3:44:00 2021ニューイヤー駅伝出場権
13位 八千代工業 3:44:41

区間賞

1区 浦野 雄平 富士通 38:26
2区 マサイ サムウェル カネボウ 22:31
3区 設楽 啓太 日立物流 47:41
4区 坂東 悠汰 富士通 23:18
5区 島貫 温太 GMO 23:50
6区 渡邉 利典 GMO 23:31
7区 塩尻 和也 富士通 35:53

優勝した富士通の個人成績

1区 浦野 雄平 38:26 区間賞
2区 ベナード キメリ 22:58 区間5位
3区 中村 匠吾 48:03 区間4位
4区 坂東 悠汰 23:18 区間賞
5区 中村 大成 24:33 区間7位
6区 松枝 博輝 23:32 区間2位
7区 塩尻 和也 35:53 区間賞

感想

TV放送は後日ということで、私はツイッターでツイートを見て試合をイメージしてみました。富士通おめでとうございます。今回出場したメンバー以外にも、横手・鈴木健吾・潰滝 選手など強い選手がたくさんいます。層が厚いですね。ルーキーの浦野・中村選手も実力通りでコレはニューイヤー駅伝の優勝も十分ありえると思います。

2位のGMOもティーム結成してまだ数年ですが、青学の卒業生を中心としたティーム構成で、ニューイヤー駅伝で新しい風を起こすのではないでしょうか。

あとは、各企業のエースが集う3区で日立物流の設楽啓太選手が区間賞を取ったのがうれしい情報です。復活の兆しが見えてきました。頑張ってほしいです。

同じ日に行なわれた九州実業団毎日駅伝は、旭化成が3年連続での優勝を飾って、ニューイヤー駅伝に臨みます。 九州実業団毎日駅伝の結果はこちらです。(pdf)

前回のニューイヤー駅伝のチャンピオンの旭化成も層が厚く、ルーキーの相澤選手も区間新の活躍です。これで相澤選手は、過去出場した駅伝8大会連続区間賞を取っています。

相澤選手は、今季10000m27分台で走っていますし、12月の日本選手権も優勝候補になるのではないでしょうか。今後が楽しみな選手の一人であります。

ニューイヤー駅伝は来年の元旦に開催されます。それまでにもう1段階調整して、旭化成の連覇を阻止するのか、旭化成が連覇を続くことになるのか、楽しみでなりません。

コメント