【2020】第97回箱根駅伝予選会【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

第97回箱根駅伝予選会が10月17日(土)行われました。今回の参加校は46校が参加し、箱根駅伝参加権利の上位10校を目指します。

スポンサーリンク

箱根駅伝への道

第97回箱根駅伝に出場できるのは、20の大学関東学連連合ティーム(オープン参加)。

すでに出場権を持っているのは、前回大会の10位までのティーム。

箱根駅伝のシードティーム

01 青山学院大学 
02 東海大学
03 國學院大
04 帝京大
05 東京国際大
06 明大
07 早大
08 駒大
09 創価大
10 東洋大

そして、コロナの影響でコースも陸上自衛隊立川駐屯地内の周回コースのハーフマラソン(WA公認)に変更されました。

選考方法は各校10名以上12名以下がハーフマラソンに出走し、各校の上位10人の合計タイムで争われます。

 

大会結果

1位10:23:34  順天堂大学
2位 10:26:13  中央大学
3位10:29:37  城西大学
4位10:29:59  神奈川大学
5位 10:30:38  国士舘大学
6位10:30:49  日本体育大学
7位 10:30:50  山梨学院大学
8位10:33:31  法政大学
9位 10:33:46  拓殖大学 
10位10:33:59  専修大学 ここまで出場
11位10:34:17  筑波大学 18秒差で落選

総合個人成績

1位JOSEPH Razini拓殖大学1:00:13
2位RAIMOI Vincent国士舘大学1:00:21
3位NOAH Kiplimo日本薬科大学1:00:23
4位JAMES Bunuka駿河台大学1:00:34
5位三浦 龍司順天堂大学1:01:41
6位猿橋 拓己筑波大学1:01:43
7位池田 耀平日本体育大学1:01:44
8位菊地 駿弥城西大学1:01:45

予選会1位の順天堂大の個人成績

51:01:41三浦 龍司 (1)
121:01:51野村 優作 (2)
211:02:09石井 一希 (1)
241:02:22伊豫田 達弥 (2)
271:02:29吉岡 智輝 (3)
301:02:34内田 征冶 (1)
311:02:35西澤 侑真 (2)
321:02:35近藤 亮太 (3)
361:02:38清水 颯大 (4)
391:02:40野口 雄大 (4)

感想

今年は雨の降る中開催された箱根駅伝予選会。コロナの影響でいつものコースではなく陸上自衛隊立川駐屯地内の周回コースのハーフマラソンで行われました。

私が注目していた選手はともにルーキーの2人。

吉居選手(中大)と三浦選手(順大)です。トラックシーズンで2人ともU20の新記録をそれぞれの専門種目で樹立しました。(吉居選手は5000m、三浦選手は3000m障害)

その勢いそのままに、今回も三浦選手はU20ハーフマラソンの記録を1年生で更新してしまいました。末恐ろしい選手です。

コースが違うので、一概に比較するのもなんですが、順大の10人目の記録でも去年でいう所の日本人2位相当の記録です。どれだけ今年の予選会のレベルが高かったのかがうかがえます。

順天堂大学だけではなく、他大学の1年生も好走を見せています。ハーフマラソン1時間3分を切った選手が9選手もいます。この世代は楽しみな選手が多いですね。

おととしの予選会を圧勝した駒大の合計10人の記録をらくらくと抜く記録を出した順大。

本選でどのぐらいの順位に来るのかが楽しみです。

中大も今回予選会に出ていないエース級の選手がいるので、このままでは終わらないはずです。

コメント