【2020年】第74回福岡国際マラソンを見て【リザルト】

マラソン・駅伝

こんにちわ、もちゃんです。(@blokore

2020年12月6日(日)に第74回福岡国際マラソンが開催されました。

今年はコロナの影響もあり、規模縮小ということです。

この時期に開催される事だけでもありがたいことだと思います。

公式サイトはの結果はココです。よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

大会結果

1位 吉田祐也 GMO 2:07:05 
2位 大塚 祥平 九電工 2:07:38
3位 寺田 夏生 JR東日本 2:08:03
4位 M・ギザエ スズキ 2:08:17
5位  作田 直也 JR東日本 2:08:21
6位  竹ノ内 佳樹 NTT西日本 2:09:31
7位 P・クイラ JR東日本 2:09:57
8位  吉岡 幸輝 中央発條 2:10:13

日本人TOPの吉田選手のラップとスプリット

05k 14:57  -
10k 29:55 14:58
15k 44:48 14:53
20k 59:37 14:49
25k 1:14:32 14:55
30k 1:29:31 14:59
35k 1:44:37 15:06
40k 2:00:15 15:38
finish 2:07:05 6:50

前半のハーフ:1:02:55

後半のハーフ:1:04:10

感想

今大会、東京オリンピックマラソン代表の服部勇馬選手(トヨタ自動車)が欠場、6分台のタイムを持つ高久選手(ヤクルト)も欠場。ともに東洋大出身なので、楽しみだったのですが、残念でした。

優勝はマラソン2度目の吉田選手(GMO)。PMの抜けた30キロ過ぎにスパートし、藤本選手を引き離し、以降一人旅。日本歴代9位タイ2時間07分05秒の好タイム

先日10000mで日本新記録を出した、相澤選手(旭化成)と同じくまだ社会人ルーキーなので、すごいポテンシャルを持っていると言えます。

欠場した服部・高久選手との対決が見たかったです。

男子マラソンのレベルが高くなったなぁと実感しております。

1位の吉田選手はナイキのシューズを履いていましたが、2位の大塚選手はアディダスのシューズを履いていたのが印象的でした。今後はナイキ1強じゃなくなってくると良いですね。

選手の皆さん、大会関係者の皆さんお疲れさまでした。

コメント